FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

目次

当ブログ記事の目次は こちら
スポンサーサイト
  1. 2037/12/31(木) 23:00:00|
  2. おもちゃ病院
  3. | コメント:1

名張市つつじが丘おもちゃ病院のご案内

三重県名張市つつじが丘おもちゃ病院を開院しています。

【ご案内】
ラジコンプラレールぬいぐるみゲームなど子どものおもちゃ無料で修理 します。

ただし、下記のおもちゃは対象外です。
・火が出る、弾丸が飛ぶ、浮き輪など事故の恐れがあるもの
・骨董品や工芸品などのおもちゃ以外の価値のあるもの
・特定小電力無線やPSE対象製品など法規制のあるもの
・転売目的や有償サービスなどの商用利用

部品交換が必要な場合は相談の上で実費負担をお願いすることがあります。
メーカー修理ではありませんので、完全に治らない場合や修理の過程で症状が悪化したり、傷が付いたりする場合もございます。逆にメーカーが修理に応じないものも扱います。
当病院では、子どもの目の前で作業を行い、修理の過程を見て貰います。おもちゃの修理を通して子どもの科学心を育むことが狙いです。
修理時間が概ね1時間を超える場合はお預かりして修理することがあります。
事前確認事項に同意をいただいた上で修理をお引き受け致します。

年中無休。 ご利用は下記メールアドレスへ診察の申込みを送って下さい。
おもちゃの症状とご来院の希望日時を2~3挙げてメールにご記入下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。

E-mail: tutuji@cb4.so-net.ne.jp
TEL: 090-5534-6494 (代表 大泉)
場所: 名張市つつじが丘南3番町129
駐車場有り



事前確認事項
1.修理は、申込者のご指摘の症状に対して復旧・改善するものであり、製造時の機能・性能を完全に回復するものではありません。
2.必ずしも申込者のご依頼内容にお応えできるものではありません。故障の状態や内容により修理できない場合があります。
3.修理中におもちゃが傷付いたり、故障の状況が悪化してしまうことがありますので、あらかじめご了承下さい。その結果、生じた損害については当方では責任を負いません。
4.修理の依頼を受けたおもちゃがメーカー保証期間内であっても、メーカー保証やサポートを受けることができなくなる場合がありますのでご了承下さい。
5.修理後の保証は致し兼ねますので、不具合がありましたら再度修理を依頼して下さい。
6.修理したおもちゃを使用したことにより如何なる損害が生じても責任を負いませんので、安全性や他のものに損害が及ばないように注意して遊んで下さい。
7.預かり修理となった場合、お預かりしたおもちゃの配送は行っておりませんので、ご案内する日時にお引取りに来て下さい。3ヶ月以上お引取りの無い場合は廃棄させていただきますのでご了承下さい。また、申し込み時に示された連絡先に連絡が取れない場合も同様とさせていただきます。


各地のおもちゃ病院、おもちゃドクター様へのサービスのご案内
名張市つつじが丘おもちゃ病院では、他のおもちゃ病院やおもちゃドクター様向けに 「故障したICやマイコンの代替品をお作りするサービス」 を提供しています。詳細は こちら をご覧下さい。

このブログの記事に該当するおもちゃには、記事内で公開しているファームウェアをそのまま利用していただけます。しかし、古いデバイスより最新のデバイスの方が高機能、高性能、且つ廉価ですし、ファームウェアも改善を進めていますので、最新のデバイスとファームウェアを使うのがよいと思います。移植についてのご相談も賜りますので、ご連絡下さい。
  1. 2037/12/31(木) 00:00:00|
  2. おもちゃ病院
  3. | コメント:9

ATtiny13Aで音声再生

【開発の意図】
音を出すおもちゃは殆どが音声再生でやっている。このようなおもちゃが故障したときに音声再生を汎用的な部品で換装しようとすると音声データを格納する大容量のメモリが必要になってコスト高になってしまう。そのため、メモリ容量が少なくて済む電子オルゴールで音楽を鳴らしたり、必要最小限に音声を切り詰めて修理をしてきた。救急車のような効果音も音符で表現して電子オルゴールで鳴らす工夫もしている。

ところが最近は大容量のSPIフラッシュメモリが安価に出回るようになり、先般、 PIC電子オルゴールの音声再生機能でSPIフラッシュメモリをサポート した。そうすると、おもちゃが元々やっているように音楽も音声再生でやればいい、という考えに戻る。音楽表現は電子オルゴールよりも格段に優れるし、面倒な音符データも作らずに済む。

電子オルゴールは実行時に波形発生の計算を行うので、ある程度の処理能力が必要だ。そのため、PIC電子オルゴールではターゲットデバイスを16F18xxや16F17xxのシリーズに限定している。しかし、音声再生だけならもっと安いCPUでも構わない。そこで、ポート数が5以上ありPWM機能を備えたデバイスで最廉価なATtiny13A(2018年秋月@50円)で音声再生を作る。これならW25Q64と組み合わせて100円以内で、8ビット8ksps、1024秒の音声再生が実現できる。


【設計】
ATtiny13AのPWMはデューティ値を0に設定しても1ステップ分はPWM出力が出てしまう。100%に設定すると出っ放しにはなる。これはデバイスの仕様なので受け入れるしかない。
0%にならないよりは100%にならない方がマシなので、ピン出力を反転出力にして、デューティ値を補数で設定することにした。

最初はPIC電子オルゴール並みに音声番号選択や再生終了時コールバックなどの機能を書いたのだが、プログラムメモリオーバとなり撃沈されてしまった。512ワードに過大な期待は禁物だ。それで、音声データすべてを再生する処理内容に変えて、おもちゃ固有の制御は個別に開発することとする。汎用性のある省電力Sleepのコードは含めている。そうするとプログラムメモリ使用率は44%にまで下がった。

動作は以下の流れとした。
・POR後にはSleepしている。
・トリガSWのオンで音声再生を開始する。
・再生が終了するとSleepする・
・再生中にトリガSWがオンされると再生を中止してSleepする。

また、ポートが1本しか余っていないので、あまり高機能な応用はできない。


【回路図】
ATtiny13Aで音声再生回路図

【再生音】
ATtiny13Aで音声再生
ミラーナの修理で使った音声を8ビット8kpsで再生した音だ。


【ダウンロード】
設計資料と開発プロジェクトは ここから ダウンロードできる。開発環境は AtmelStudio7。
  1. 2018/10/12(金) 14:03:12|
  2. 電子オルゴール+音声
  3. | コメント:0

シリアルフラッシュROM(24/25)ライターの製作

先日は PICプログラマーで大容量SPIフラッシュをサポート したが、PICプログラマーから派生した I2CインタフェースEEPROM(24シリーズ)ライター でも大容量SPIフラッシュをサポートした。これで 「シリアルフラッシュROM(24/25)ライター」となった。


【外観】
シリアルフラッシュROMライターの製作外観説明


【回路図】

シリアルフラッシュROMライターの製作回路図1
シリアルフラッシュROMライターの製作回路図2


【配線図】
シリアルフラッシュROMライターの製作配線図


【操作】

シリアルフラッシュROMライターの製作画面

各リストボックスで該当するアイテムを選択して、「実行」をクリックすると読み書きが行われる。

メモリの容量をフルに読み書きすると長時間を要するので、実使用量に合わせて相当するW25Qxxの設定で読み書きを実行すれば時間短縮になる。


【設計】
・ポートの遣り繰り
①I2Cの信号線SCLとSDAをSPIのSCKとMOSIに兼用させる。
②SPIのMISOとSSは新たにポートを割り当てる。
③前作では空きポートを束ねてターゲットの電源供給に充てていたので、それから1本を剥ぎ取りSSに充てる。
④MISOにはMCLRを充てる。

・SPIの実装
①ISPのファームウェア「ISPpic16F1459」からソフトSPIの部分を移植する。
②SPIに割り当てたポートの初期設定は「CS(SS)をH」の実行機能と同時に実施することで、I2Cとの競合を避ける。

・ターゲットはPICプログラマーと同じとする。
①SPIフラッシュ
25AA320A
25AA640A
25AA128
25AA256
25AA512
25AA1024
SST25xx020
SST25xx040
SST25xx080
SST26xx016
SST26xx032
SST26xx064
W25Q16
W25Q32
W25Q64
W25Q128

②I2Cフラッシュ
24FC32A
24FC64
24FC128
24FC256
24FC512
24FC1025
24FC1026
AT24C1024B
CAT24M01
S-24CM01C


【ダウンロード】
詳細な製作資料とファームおよびPC側制御ソフトの開発プロジェクトは ここから ダウンロードできる。

PC側の制御ソフトはGUIとプログラマー制御の2つから成る。
①GUIを担うVBプロジェクト資材は「EEPROM」、実行ファイルは「EEPROM\bin\EEPROM.exe」
カレントディレクトリを 「EEPROM\bin」 に置いて起動すればよい。

②プログラマー制御を担うVCプロジェクト資材は「ISPdll」、DLLファイルは「ISPdll\Release\ISPdll.dll」

プログラマー側の制御ソフトは
③16F1454のファームウェアでMPLABXプロジェクトは 「ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X」
USBドライバー組み込みに必要な inf と cat は 「ISPpic16F1454\Windows」 にある。
  1. 2018/10/04(木) 18:49:55|
  2. プログラマー
  3. | コメント:0

PICプログラマーの機能改善(大容量SPIフラッシュのサポート)

【前振り】
先日 PIC電子オルゴールVer5_7で大容量SPIフラッシュメモリ(W25Q64)をサポート したのだが、その機能を利用するには大容量SPIフラッシュメモリに音声データを書き込む手段が必要になる。24/25系ライターのCH341Aが安価(2018年10月AliExpressで$2以下)に出回っているのでそれを買えばいいのだが、それでは「製作の自己完結」が損なわれる。僕はこの考えを重視していて、USB接続のPICプログラマーの製作にあたり、その制御マイコンを書込みための鶏プラグラムの製作から始めている。
それで、今回もPICプログラマーで大容量SPIフラッシュの書き込みをサポートした。


【設計】
対象デバイスは、SST25xx、SST26xxなどの信号線や命令コード、処理シーケンスが25系の標準のものとする。
おもちゃ修理に利用可能な低価格で入手出来るW25Qxxは外せない。

おもちゃ修理が使用目的なので、書き込みプロテクトは一切サポートしない。

標準インタフェースのSPIフラッシュメモリは従来からサポートしているので、今回の機能改善はデバイステーブルの新規作成とチップ消去機能の追加だ。


【使い方】

プログラマー操作画面

各リストボックスで該当するアイテムを選択して、「実行」をクリックすると読み書きが行われる。

メモリの容量をフルに読み書きすると長時間を要するので、実使用量に合わせて相当するW25Qxxの設定で読み書きを実行すれば時間短縮になる。


【ダウンロード】
PICプログラマーの設計資料とソフトウェアは ここから ダウンロードできる。

PC側の制御ソフトはGUIとプログラマー制御の2つから成る。
①GUIを担うVBプロジェクトは「ISP\ISP\ISP.sln」、実行ファイルは「ISP\ISP\bin\ISP.exe」

②プログラマー制御を担うVCプロジェクトは「ISP\ISPdll\ISPdll\ISPdll.sln」、DLLファイルは「ISP\ISPdll\Release\ISPdll.dll」

プログラマー側の制御ソフトは
③18F14K50のファームウェアのディレクトリは「ISPpic18F14K50」、プロジェクトは「ISP\ISPpic18F14k50\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic18F14K50.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic18F14k50\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic18F14K50.X\dist\LPCUSBDK_18F14K50\production\ISPpic18F14K50.X.production.hex」

④16F1459のファームウェアのディレクトリは「ISPpic16F1459」、プロジェクトは「ISP\ISPpic16F1459\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1459.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic16F1459\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1459.X\dist\LPCUSBDK_16F1459\production\ISPpic16F1459.X.production.hex」

⑤16F1454のファームウェアのディレクトリは「ISPpic16F1454」、プロジェクトは「ISP\ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X\dist\LPCUSBDK_16F1459\production\ISPpic16F1454.X.production.hex」

今回のバージョンアップは上記の①と②が更新されているので、PC側の制御ソフトだけを差し替えればよい。

PC側の制御ソフトは、OSへのインストールは必要なく、任意の1つのフォルダにISP.exeとISPdll.dllをコピーするだけで良い。
VisualStudio2008のランタイムが無いと言われたら、ビルゲイツの指示に従って別途インストールする。

PICプログラマーを始めて導入するときはUSBドライバーの登録が必要である。USBドライバー本体はWindows標準のものを使用する。infファイルとcatファイルは「PICプログラマー\ISP\ISPpic18F14k50\Windows」、「PICプログラマー\ISP\ISPpic16F1459\Windows」、「PICプログラマー\ISP\ISPpic16F1454\Windows」にある。

ハードウェアの設計書は「USB接続簡易共用プログラマー設計・回路図・配線図.xls」。
各デバイス毎のソケットアダプタ結線は、シート名「ソケット・・・」を参照。
  1. 2018/10/03(水) 20:50:07|
  2. プログラマー
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (87)
¦ ・電子オルゴール+音声 (32)
¦ ・音声再生・録音再生 (4)
¦ ・2.4GHzラジコン (29)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (3)
ツール製作 (24)
¦ ・プログラマー (17)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (150)
¦ ・マイコン換装 (70)
¦ ・電子・電気修理 (58)
¦ ・メカ修理 (22)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (2)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR