fc2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

目次

当ブログ記事の目次は こちら
スポンサーサイト



  1. 2037/12/31(木) 23:00:00|
  2. おもちゃ病院
  3. | コメント:1

名張市つつじが丘おもちゃ病院のご案内

三重県名張市つつじが丘おもちゃ病院を開院しています。

【ご案内】
ラジコンキーボードおしゃべり・オルゴールゲームなど子どものおもちゃ無料で修理 します。

ただし、下記のおもちゃは対象外です。
・火が出る、弾丸が飛ぶ、浮き輪など事故につながる恐れがあるもの
・骨董品や工芸品などのおもちゃ以外の価値のあるもの
・特定小電力無線やPSE対象製品など法規制のあるもの
・転売目的や有償サービスなどの商用利用

部品交換が必要な場合は相談の上で実費負担をお願いすることがあります。
メーカー修理ではありませんので、完全に治らない場合や修理の過程で症状が悪化したり、傷が付いたりする場合もございます。逆にメーカーが修理に応じないものも扱います。
当病院では、子どもの目の前で作業を行い、修理の過程を見て貰います。おもちゃの修理を通して子どもの科学心を育むことが狙いです。
修理時間が概ね1時間を超える場合はお預かりして修理することがあります。
事前確認事項に同意をいただいた上で修理をお引き受け致します。

年中無休。 ご利用は下記メールアドレスへ診察の申込みを送って下さい。
おもちゃの症状とご来院の希望日時を2~3挙げてメールにご記入下さい。なお、郵便や宅配便等での受け付けは行っておりません。

E-mail: tutuji@cb4.so-net.ne.jp
当院の所在地: 名張市つつじが丘南3番町129番地
駐車場有り



事前確認事項
1.修理は、申込者のご指摘の症状に対して復旧・改善するものであり、製造時の機能・性能を完全に回復するものではありません。
2.必ずしも申込者のご依頼内容にお応えできるものではありません。故障の状態や内容により修理できない場合があります。
3.修理中におもちゃが傷付いたり、故障の状況が悪化してしまうことがありますので、あらかじめご了承下さい。その結果、生じた損害については当方では責任を負いません。
4.修理の依頼を受けたおもちゃがメーカー保証期間内であっても、メーカー保証やサポートを受けることができなくなる場合がありますのでご了承下さい。
5.修理後の保証は致し兼ねますので、不具合がありましたら再度修理を依頼して下さい。
6.修理したおもちゃを使用したことにより如何なる損害が生じても責任を負いませんので、安全性や他のものに損害が及ばないように注意して遊んで下さい。
7.預かり修理となった場合、お預かりしたおもちゃの配送は行っておりませんので、ご案内する日時にお引取りに来て下さい。3ヶ月以上お引取りの無い場合は廃棄させていただきますのでご了承下さい。また、申し込み時に示された連絡先に連絡が取れない場合も同様とさせていただきます。


各地のおもちゃ病院、おもちゃドクター様へのサービスのご案内
名張市つつじが丘おもちゃ病院では、他のおもちゃ病院やおもちゃドクター様向けに 「故障したICやマイコンの代替品をお作りするサービス」 を提供しています。詳細は こちら をご覧下さい。

このブログの記事に該当するおもちゃには、記事内で公開しているファームウェアをそのまま利用していただけます。しかし、古いデバイスより最新のデバイスの方が高機能、高性能、且つ廉価ですし、ファームウェアも改善を進めていますので、最新のデバイスとファームウェアを使うのがよいと思います。移植についてのご相談も賜りますので、ご連絡下さい。
  1. 2037/12/31(木) 00:00:00|
  2. おもちゃ病院
  3. | コメント:9

カラオケリモコンの修理(送信し続ける)

1.患者

カラオケ「Clarion TONBY RKA-230」のリモコン
カラオケリモコン(送信し続ける)外観


2.症状

①電池を入れると常に赤外線送信状態になる。

②LCD表示もデタラメに出る。


3.診察

①赤外線チェッカーで聴くと、常時赤外線が送信されていた。

②基板には三菱のマイコン「M34550M4A」が載っていた。
カラオケリモコン(送信し続ける)基板

・この石のデータシートはネット検索で見付からなかったが、ファミリーと思われる「M34551」が見付かった。

・LCD機能付きの4ビットマイコンのようである。

③キーパッドはフレキコネクタで着脱が容易になっていて、キーパッドを取り外すと赤外線送信が止まった。キーパッド内のリークが疑われる。
カラオケリモコン(送信し続ける)フレキ

④フレキコネクタでキースキャンの様子を観察する。

・フレキは折り畳まれているのだが、それを真直ぐに延ばすとコネクタにプローブが当てられる。
カラオケリモコン(送信し続ける)フレキアクセス

カラオケリモコン(送信し続ける)フレキコネクタ

・信号が載っているピンを探すと、ピン8が該当した。

・下図は、指でプローブに触れてノイズを載せている状態での信号波形で、マトリクスSWは負論理であることが判る。
カラオケリモコン(送信し続ける)信号波形1

カラオケリモコン(送信し続ける)信号波形2

・同じ信号が載っているピンを探すと、ピン12が該当した。
カラオケリモコン(送信し続ける)信号波形3

・キーパッドを取り外すと下図の信号波形になった。
カラオケリモコン(送信し続ける)信号波形4

・ピン8がセンス線、ピン12がセレクト線であることが判る。

⑤以上の信号観測で、ピン8~ピン12間でリークしているらしいことが判った。

・キーパッドを取り外してフレキの先端で導通チェックをすると、ピン8~ピン12間が10kΩ~30kΩでリークしていた。抵抗値は時々刻々と変化して落ち着きがない状況だ。

・リークにより、キーオンを誤検知していると思われる。

⑥センス線のピン8に対して、リークに打ち勝つだけの外部プルアップを施してやると誤検知は無くなるのではないかと思い、やってみた。

・予想通り、誤検知はしなくなり、静かになった。キーを押すとそれなりに動作しているようだ。

・外部プルアップ抵抗の限界値は3kΩくらいだったので、1.5kΩを設置するとよいと思う。しかし、0.1mA以上のリーク電流が常に流れて電池が消耗するので、実際に適用する場合は電源SWも設置する必要がある。

⑦根本解決するにはキーパッドのリークを無くさないといけない。しかし、

・キーパッドを剥がすとパターン断線などの新たな不具合が発生するリスクがある。

・リーク箇所が判明して修復できる可能性は低いと思う。

⑧このようなときにおもちゃの修理では 静電容量検知型のタッチセンスに換装 をよくやる。

・ケース内には、タッチセンス回路を収容できる十分なスペースがある。

・タッチセンス回路の消費電流は平均値で10uA程度なので、電源SWの設置は不要である。

⑨方策を考えているうちに、意外な展開になった。

・外部プルアップの実験の後は、外部プルアップをしない状態で「常に赤外線送信状態になる」症状が無くなっていた。

・リモコンの操作方法が良く判らないのだが、ボタンを押すとそれなりの赤外線信号が出る。

・数字のキーを押すと押した数字がLCDに順に表示されて、転送ボタンを押すと一気に送信される。

・Sleep時の消費電流は13uA、キーパッドの操作中は360uAで約10秒後にSleepに戻る。

・キーバッドは復旧したと思われる。


4.治療

①診察の過程で、自然回復してしまった。しかし、

・このリモコンにはカラオケ装置本体が添付されていなかったので、当おもちゃ病院では動作確認ができない。

・このまま返却し、依頼者様にて最終的な動作確認をしていただく。

②症状が再現するまで様子見で使って貰うことにする。
  1. 2022/09/26(月) 08:47:13|
  2. 電子・電気修理
  3. | コメント:0

バズライトイヤー(タカラトミー)の修理(ヘルメットロック不良)

1.患者
タカラトミーのバズライトイヤー
バズライトイヤー(タカラトミー)(ヘルメットロック不良)外観


2.症状

①右腕が操作できない。

②ヘルメットを閉じてもロックされず、開いてしまう。


3.診察

①背中のボタンを押すと右腕が下りるようになっているが、その機構の途中にあるギヤが破壊されていた。
バズライトイヤー(タカラトミー)(ヘルメットロック不良)破損ギヤ
・このギヤはm0.6、T12、長さ5mm。

・材質は可塑性プラのようでギヤに使うのは宜しくないと思う。しかし、このような壊し方をする方も宜しくないと思う。壊れたおもちゃ治すのは遣り甲斐があるが、壊されたおもちゃを治すのは気が進まない。

・このギヤに噛み合うラックの方は損傷はなかった。

②ヘルメットを閉じたときのロックが効かないのは、ロック部分のプラが破断して無くなっていたためだった。

・破断部分の撮影を忘れたが、後の組み付けの画像を参照して欲しい。

・開閉動作には問題は無かった。


4.治療

①右腕を駆動するギヤを交換して、腕の操作は良好になった。

②ヘルメットのロック機構は、無くなったロック部分に相当するものを作って元の部材に取り付けた。

・製作した部品
 表面
バズライトイヤー(タカラトミー)(ヘルメットロック不良)ロック部材表

 裏面
バズライトイヤー(タカラトミー)(ヘルメットロック不良)ロック部材裏

 クリアランスが少ないため、薄くても丈夫な0.3mm厚の軟鉄板を使った。洋白板のようなバネ材の方が薄いのだが、ロック機構を形成するためのネジを取り付けるためには厚みが必要だった。

 元の部材に固定するためのネジ穴2個とロック機構を形成するためのネジを付けるためのネジ穴1個を開ける。ネジは1.3mmΦ、首下3mmで低頭ナベを3本使った。上記画像でロック機構を形成するためのネジは既に取り付いている。元の部材に固定するためのネジは皿が良いのだが、丁度良いサイズの手持ちが無かったため低頭ナベを使った。しかし、ロック機構を形成するためのネジはナベである必要があるので、クリアランスの問題は変わらない。

 元の部材に引っ掛からないように、表面の端部分を面取りしておく。

・組み付け
バズライトイヤー(タカラトミー)(ヘルメットロック不良)ロック部材組付け

 最初はクリアランスが少ないため、元の部材と干渉してスムーズに開閉しなかった。そのため、干渉している部分の元の部材を0.5mm厚程度削り取って、動作は良好になった。
  1. 2022/09/24(土) 18:17:45|
  2. メカ修理
  3. | コメント:0

アンパンマンことばずかんの修理(センサー脱落)

1.患者
アンパンマンことばずかん(SEGA)
アンパンマンことばずかん(センサー脱落)外観

2.症状

①電源オンで緑のLEDが点灯し、オープニング「・・・タッチしてね」が流れる。ここまでは正常。

②その後は、ペンを絵本に当てても何も反応しない。


3.診察

①デジカメでペン先を覗くと赤外線LEDが点灯していない。

②ケースを開けると、センサーが見事に脱落していた。綺麗にはんだが外れていて、センサー側も基板側も目視では異常は無さそうだ。
アンパンマンことばずかん(センサー脱落)センサー
ネット上のことばずかんの故障事例ではセンサーの脱落が多い。相当乱暴に取り扱っていると推測される。この個体も、ペン先の赤いプラカバーの先端が凹んでいて、金槌で釘を打つように打ち付けているのではないだろうか。

壊れたおもちゃを治すのは遣り甲斐があるが、壊されたおもちゃを治すのは気が進まない。


4.治療

①センサーのはんだ付けをやり直して、絵本を読むようになった。

②音が割れていて、スピーカを新品に交換すると正常な音になった。
  1. 2022/09/21(水) 14:29:45|
  2. 電子・電気修理
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129番地
mailto:tutuji@cb4.so-net.ne.jp

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物の複製、改変および再配布はフリーです。読者様のおもちゃ病院活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

当ブログへのリンクもフリーです。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (238)
¦ ・電子オルゴール+音声再生 (88)
¦ ・音声再生・録音再生 (33)
¦ ・2.4GHzラジコン (83)
¦ ・レガシーラジコン (19)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・タッチセンス (8)
¦ ・RFID (3)
ツール製作 (49)
¦ ・プログラマー (39)
¦ ・USB-シリアル変換 (6)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (231)
¦ ・マイコン換装 (108)
¦ ・電子・電気修理 (92)
¦ ・メカ修理 (31)
製作記事 (20)
PIC開発 (14)
AVR開発 (3)
STM開発 (2)
おもちゃ病院 (11)
ドクター研修会 (8)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR