FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

目次

当ブログ記事の目次は こちら
スポンサーサイト



  1. 2037/12/31(木) 23:00:00|
  2. おもちゃ病院
  3. | コメント:1

名張市つつじが丘おもちゃ病院のご案内

三重県名張市つつじが丘おもちゃ病院を開院しています。

【ご案内】
ラジコンプラレールぬいぐるみゲームなど子どものおもちゃ無料で修理 します。

ただし、下記のおもちゃは対象外です。
・火が出る、弾丸が飛ぶ、浮き輪など事故の恐れがあるもの
・骨董品や工芸品などのおもちゃ以外の価値のあるもの
・特定小電力無線やPSE対象製品など法規制のあるもの
・転売目的や有償サービスなどの商用利用

部品交換が必要な場合は相談の上で実費負担をお願いすることがあります。
メーカー修理ではありませんので、完全に治らない場合や修理の過程で症状が悪化したり、傷が付いたりする場合もございます。逆にメーカーが修理に応じないものも扱います。
当病院では、子どもの目の前で作業を行い、修理の過程を見て貰います。おもちゃの修理を通して子どもの科学心を育むことが狙いです。
修理時間が概ね1時間を超える場合はお預かりして修理することがあります。
事前確認事項に同意をいただいた上で修理をお引き受け致します。

年中無休。 ご利用は下記メールアドレスへ診察の申込みを送って下さい。
おもちゃの症状とご来院の希望日時を2~3挙げてメールにご記入下さい。なお、郵便や宅配便等での受け付けは行っておりません。

E-mail: tutuji@cb4.so-net.ne.jp
TEL: 090-5534-6494 (代表 大泉)
場所: 名張市つつじが丘南3番町129
駐車場有り



事前確認事項
1.修理は、申込者のご指摘の症状に対して復旧・改善するものであり、製造時の機能・性能を完全に回復するものではありません。
2.必ずしも申込者のご依頼内容にお応えできるものではありません。故障の状態や内容により修理できない場合があります。
3.修理中におもちゃが傷付いたり、故障の状況が悪化してしまうことがありますので、あらかじめご了承下さい。その結果、生じた損害については当方では責任を負いません。
4.修理の依頼を受けたおもちゃがメーカー保証期間内であっても、メーカー保証やサポートを受けることができなくなる場合がありますのでご了承下さい。
5.修理後の保証は致し兼ねますので、不具合がありましたら再度修理を依頼して下さい。
6.修理したおもちゃを使用したことにより如何なる損害が生じても責任を負いませんので、安全性や他のものに損害が及ばないように注意して遊んで下さい。
7.預かり修理となった場合、お預かりしたおもちゃの配送は行っておりませんので、ご案内する日時にお引取りに来て下さい。3ヶ月以上お引取りの無い場合は廃棄させていただきますのでご了承下さい。また、申し込み時に示された連絡先に連絡が取れない場合も同様とさせていただきます。


各地のおもちゃ病院、おもちゃドクター様へのサービスのご案内
名張市つつじが丘おもちゃ病院では、他のおもちゃ病院やおもちゃドクター様向けに 「故障したICやマイコンの代替品をお作りするサービス」 を提供しています。詳細は こちら をご覧下さい。

このブログの記事に該当するおもちゃには、記事内で公開しているファームウェアをそのまま利用していただけます。しかし、古いデバイスより最新のデバイスの方が高機能、高性能、且つ廉価ですし、ファームウェアも改善を進めていますので、最新のデバイスとファームウェアを使うのがよいと思います。移植についてのご相談も賜りますので、ご連絡下さい。
  1. 2037/12/31(木) 00:00:00|
  2. おもちゃ病院
  3. | コメント:9

トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布(CCPデジプロ用とフルアクション用の統合)

トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布外観
【前振り】
つつじが丘おもちゃ病院では、上記の「2.4GHzラジコン用無線アセンブリ」を頒布している。2.4GHzトランシーバとエンコーダ/デコーダで構成されていて、トイラジの無線制御部分が故障したときにそれを換装するために開発したものだ。

・CCPデジプロ用

・フルアクション用

の2種類を用意しているのだが、頒布する品物を区別して扱うのがメンドーになった。頒布を受けた方も在庫を別々に持つ無駄が生じる。

そこで、CCPデジプロ用とフルアクション用を統合して、1種類にしてどちらにも使えるようにした。


【設計】
CCPデジプロとフルアクションは別の制御方式なので、相互に使い回しをされたらおもちゃに予期せぬ故障を引き起こすかも知れない。そのため、別物として頒布するのが当初の考えだった。しかし、制御タイプの動的な変更をしないことと異なる制御タイプ間でのペアリングをできなくすれば1種類に纏めても問題は無い。

元々基板は共通で、搭載するファームウェアを別にしていた。別と言っても、ch毎に制御タイプをフルアクション、ESC、プロポの3タイプから#defineで選べるようにしていて、ソースコードは共通化されている。あとは、制御タイプを決定するやり方を検討すればよい。

MCLR機能を使っていないのでMCLRピンが空いている。POR時にMCLRピンのレベルを判定して制御タイプを決定する。

・POR後にMCLRピンがHのときはフルアクション

・POR後にMCLRピンがLのときはCCPデジプロ

MCLRピンは内部プルアップしておき、CCPデジプロ用に使うときはMCLRピンを外部でLにする。但し、MCLRピンを直接GNDに繋ぐとICSPができなくなるので抵抗を挿入しておく。ICSPを行わないのであれば直接GNDに繋いでもよい。

省電力対応のため、動作モードを決定後はMCLRピンがLのときは内部プルアップを停止する。


以下は、元記事「 トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布 」から今回の変更内容を加筆修正して再掲している。

【頒布する物】
基板の厚さは約6mm。また、トランシーバとPIC基板とはビニール線で繋いでいるので自由に曲げられ、元のおもちゃに収容し易い。2つ折りにもできるが、基板同士が接触して短絡しないように注意すること。

CCP社G-DRIVE及びW-DRIVEのデジプロ対応 と フルアクションタイプ に対応している。

汎用の「無線リモコンモジュール」(JDY-40TY24Dなど)を利用すると 通信阻害やコントローラの操作により誤動作を起こし、Hブリッジに貫通電流が流れて回路が破壊する ことがあるが、本無線アセンブリはトイラジの制御に特化した設計になっているので、そのような誤動作はなく安全に換装することができる。

ノーコン状態になった場合は車体が自動停止するように、フェールセーフの設計になっている。

デジプロ対応の前後進の操作フィーリングはオリジナルに合わせているので、換装後に操作の違和感がない。

トランシーバはnRF24L01の種類及びそのDIPタイプとSMDタイプの組み合わせで各種の商品が流通していて、頒布依頼時にそれらの指定はできない。なお、上記の画像にあるトランシーバは現在確認しているもののなかでサイズが最大のものだ。

コントローラ側と車体側の双方を本アセンブリで換装する。元のトイラジとの互換性は無い。


【頒布の条件】
①おもちゃ病院の活動でおもちゃの修理に使用する、若しくはそのための事前評価に使用することを目的とすること。

②転売等の商用利用をしないこと。また、当方からの頒布代金を超える部品代実費等をおもちゃの修理依頼者から徴収しないこと。

③当方で動作確認済みのものを出荷するが、頒布先での動作保障はしない。当方の責任範囲はジャンク品として現物を提供するのみとする。

④数量に限りがあるので頒布希望に応えられない場合がある。


【依頼方法と頒布代金】
①頒布希望者は下記事項を明示してメールにて当おもちゃ病院へ申し出ること。記事へのコメントで頒布希望を書いても対応しない。

・コントローラ側の台数 と 車体側の台数

・電源電圧の瞬低対応(16LF1503への変更)の要否

②頒布代金は部品の調達実費と郵送料となる。

・部品の調達実費は調達先と時期により変動するが1台当たり150円程度の見込み。16LF1503は数10円アップする。

・郵送料は、少量の場合は定形普通郵便で送付することができる。

③見積りと支払い方法の案内を当方から返信する。


【換装事例】
CCP社W-DRIVEプラスを換装した事例

CCP社G-DRIVEエコプラスを換装した事例


【設計情報】
電源電圧が3.3V標準 であることと、操作ボタンやHブリッジとのインタフェース が修理対象のトイラジに適合することを確認しておくこと。

・本アセンブリの動作電圧は2.3~3.6V

・操作SWからの入力は負論理

・Hブリッジへの出力は正論理

下記回路図の赤枠内が本アセンブリに該当する。

・デジプロ対応の回路
詳細は CCP社G-DRIVE及びW-DRIVEのデジプロ対応 を参照のこと。

前後進操作ボリュームは、元の結線から下記の回路図の結線に変更する必要がある。

コントローラ側(DIPタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCPコントローラ側DIP回路図

コントローラ側(SMDタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCPコントローラ側SMD回路図

車体側(DIPタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCP車体側DIP回路図

車体側(SMDタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCP車体側SMD回路図
 
・フルアクションの回路
詳細は フルアクションタイプ を参照のこと。

操作SWは負論理を想定している。元の回路が正論理の場合はカスタマイズで対応可能。

コントローラ側(DIPタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布FAコントローラ側DIP回路図

コントローラ側(SMDタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布FAコントローラ側SMD回路図

車体側(DIPタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布FA車体側DIP回路図

車体側(SMDタイプ)
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布FA車体側SMD回路図

トランシーバのピン接
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布ピン接

おもちゃに実装するときにMCLRピンを以下のようにする。

・フルアクションのときはMCLRピンをオープンにする。

・CCPデジプロのときはMCLRピンをGNDに繋ぐ。ICSPを行うときは下記のように3.3kΩを挿入してGNDへ繋ぐ。
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCPコントローラ側DIP回路図新
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCPコントローラ側SMD回路図新
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCP車体側DIP回路図新
トイラジ換装用2.4GHz無線アセンブリの頒布CCP車体側SMD回路図新

【ダウンロード】
上記の換装回路図は ここから ダウンロードできる。

ファームウェアの設計情報とプロジェクト一式は ここから ダウンロードできる。プジェクトは以下の通り。

nRF24L01+のコントローラ側は RC24_nRF24L01_TX_FACCP_1503.X
nRF24L01+の車体側は RC24_nRF24L01_RX_FACCP_1503.X
SE8R01のコントローラ側は RC24_SE8R01_TX_FACCP_1503.X
SE8R01の車体側は RC24_SE8R01_RX_FACCP_1503.X


【カスタマイズ】
本無線アセンブリの設計条件が修理対象のおもちゃに適合しない場合は以下の方策を検討する。

・おもちゃ側の回路を変更して、本無線アセンブリのインタフェースに合わせる。

・おもちゃ側の回路に合わせて、本無線アセンブリのインタフェースをカスタマイズする。

メールにて要件を提示いただければ検討する。
  1. 2020/07/03(金) 12:28:19|
  2. 2.4GHzラジコン
  3. | コメント:0

マンテン歩行器の鳴り物の修理(COB劣化)

1.患者
マンテンの歩行器に付いた鳴り物
歩行器の鳴り物(マンテン)(COB不良)外観


2.症状
①電池の液漏れが酷くて、電池端子が錆び切っている。

②依頼者が中を見たところ配線が切れているとのこと。


3.診察
①切れていたのは電源のリードで、それを伝って基板まで電解液が伝わり、パターンの腐食が進んでいた。

②2個のCOBが付いていて、一つは電子オルゴール、もう一つは動物の鳴き声用になっている。

③通電すると、電子オルゴールが勝手になり始めて止まらない。ラバー接点間の電圧を測ると1Vに満たない。

④動物の鳴き声は雑音にしか聞こえない。

⑤基板を取り外して、水洗いして腐食部分の異物を取り除いた。特にパターン間の汚れを落とした。

⑥幸いパターン切れ箇所は無かった。

⑦電子オルゴールの接点間電圧は2V超えまで回復し、電子オルゴールは勝手に鳴らなくなった。しかし、倍速以上の音程と速度で鳴る。

⑧動物の鳴き声は正常になった。

⑨電子オルゴールのCOBには外付けの発振用抵抗220kΩが付いていて、それを大きくすることでクロックを遅くできるが、COBの劣化が進んでいるので大きくするのは気が引ける。そのため、容量を外付けしてみた。3300pFを付けると丁度良い音になった。なお、元々は外付けの容量は付いていなかった。
歩行器の鳴り物(マンテン)(COB不良)オシレータC追加

⑩非稼働時の消費電流は1uAだった。


4.治療
①診察の過程で、基板の清掃と電子オルゴール用COBのクロック調整で復旧した。

②COBは劣化して来ているので、この先も不具合が出てくるかも知れない。様子見で使っていただき、不具合が再燃したら、そのときは全体をマイコン換装することとする。
  1. 2020/06/28(日) 16:24:28|
  2. 電子・電気修理
  3. | コメント:0

アンパンマンブルドーザ(3つボタン+車軸SW)の修理(電池端子錆び)

1.患者

アンパンマンブルドーザ(3つボタン+車軸SW) JoyPalette
アンパンマンブルドーザ(3つボタン+車軸)


2.症状

音が鳴らなくなるときがある。


3.診察

①ボタンを押すと調子よく音は鳴るのだが、偶に鳴らなくなり、そうなると電池を入れ直さないと復旧しない。

②ラバー接点の電圧を測ると正常時はほぼ電源電圧が出ているが、異常になったときは1Vにも満たない。このとき、基板の電源はボタン電池3本分の4.5Vが架かっている。

③電池端子を見ると若干のサビが見られた。電池端子を磨いて接点復活剤の処方で鳴らなくなる事象は発生しなくなった。


4.治療

診察の過程で電池端子の錆びを落としたことで不具合が発生しなくなったので、一先ず修理完了とし様子見とした。しかし、COB不良も考えられるので、不具合事象が再現すれば音声再生をマイコンで換装することにする。そのときに備えて、このおもちゃの音をバックアップしておいた。


【ダウンロード】
この記事の関連資料は ここから ダウンロードできる。

ボタンと音の対応は
アンパンマンブルドーザ(3つボタン+車軸)走行 走行.wav
アンパンマンブルドーザ(3つボタン+車軸)ホーン ホーン.wav
アンパンマンブルドーザ(3つボタン+車軸)バケット バケット.wav

車軸のSWはホーンと同じ。
  1. 2020/06/24(水) 19:27:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物の複製、改変および再配布はフリーです。読者様のおもちゃ病院活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (172)
¦ ・電子オルゴール+音声再生 (65)
¦ ・音声再生・録音再生 (26)
¦ ・2.4GHzラジコン (57)
¦ ・レガシーラジコン (13)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (4)
ツール製作 (36)
¦ ・プログラマー (28)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (5)
修理事例 (172)
¦ ・マイコン換装 (86)
¦ ・電子・電気修理 (63)
¦ ・メカ修理 (23)
製作記事 (15)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (3)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR