FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

目次

当ブログ記事の目次は こちら
スポンサーサイト
  1. 2037/12/31(木) 23:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

名張市つつじが丘おもちゃ病院のご案内

三重県名張市つつじが丘おもちゃ病院を開院しています。

【ご案内】
ラジコンプラレールぬいぐるみゲームなど子どものおもちゃ無料で修理 します。

ただし、下記のおもちゃは対象外です。
・火が出る、弾丸が飛ぶ、浮き輪など事故の恐れがあるもの
・骨董品や工芸品などのおもちゃ以外の価値のあるもの
・特定小電力無線やPSE対象製品など法規制のあるもの
・転売目的や有償サービスなどの商用利用

部品交換が必要な場合は相談の上で実費負担をお願いすることがあります。
メーカー修理ではありませんので、完全に治らない場合や修理の過程で症状が悪化したり、傷が付いたりする場合もございます。逆にメーカーが修理に応じないものも扱います。
当病院では、子どもの目の前で作業を行い、修理の過程を見て貰います。おもちゃの修理を通して子どもの科学心を育むことが狙いです。
修理時間が概ね1時間を超える場合はお預かりして修理することがあります。
事前確認事項に同意をいただいた上で修理をお引き受け致します。

年中無休。 ご利用は下記メールアドレスへ診察の申込みを送って下さい。
おもちゃの症状とご来院の希望日時を2~3挙げてメールにご記入下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。

E-mail: tutuji@cb4.so-net.ne.jp
TEL: 090-5534-6494 (代表 大泉)
場所: 名張市つつじが丘南3番町129
駐車場有り



事前確認事項
1.修理は、申込者のご指摘の症状に対して復旧・改善するものであり、製造時の機能・性能を完全に回復するものではありません。
2.必ずしも申込者のご依頼内容にお応えできるものではありません。故障の状態や内容により修理できない場合があります。
3.修理中におもちゃが傷付いたり、故障の状況が悪化してしまうことがありますので、あらかじめご了承下さい。その結果、生じた損害については当方では責任を負いません。
4.修理の依頼を受けたおもちゃがメーカー保証期間内であっても、メーカー保証やサポートを受けることができなくなる場合がありますのでご了承下さい。
5.修理後の保証は致し兼ねますので、不具合がありましたら再度修理を依頼して下さい。
6.修理したおもちゃを使用したことにより如何なる損害が生じても責任を負いませんので、安全性や他のものに損害が及ばないように注意して遊んで下さい。
7.預かり修理となった場合、お預かりしたおもちゃの配送は行っておりませんので、ご案内する日時にお引取りに来て下さい。3ヶ月以上お引取りの無い場合は廃棄させていただきますのでご了承下さい。また、申し込み時に示された連絡先に連絡が取れない場合も同様とさせていただきます。


各地のおもちゃ病院、おもちゃドクター様へのサービスのご案内
名張市つつじが丘おもちゃ病院では、他のおもちゃ病院やおもちゃドクター様向けに 「故障したICやマイコンの代替品をお作りするサービス」 を提供しています。詳細は こちら をご覧下さい。

このブログの記事に該当するおもちゃには、記事内で公開しているファームウェアをそのまま利用していただけます。しかし、古いデバイスより最新のデバイスの方が高機能、高性能、且つ廉価ですし、ファームウェアも改善を進めていますので、最新のデバイスとファームウェアを使うのがよいと思います。移植についてのご相談も賜りますので、ご連絡下さい。
  1. 2037/12/31(木) 00:00:00|
  2. おもちゃ病院
  3. | コメント:7

「27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の頒布」の有料化

27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の頒布」を始めたのは昨年7月29日だった。その後1年が経ち、頒布した台数は下記のとおり200台を超えた。

・LT5534 20台

・AD8314 183台

当初はホームページやブログ等で 「2.4GHzの検知に困っている」 といった記事を掲載しているおもちゃ病院へ、当方から一方的に送り付けていたが、当方のブログ記事の認知が広まるとともに頒布希望が徐々に増えてきて、一時期は増殖が追い付かず台数を制限するなど希望に添えないこともあった。最近では頒布依頼は月に数件程度にまで少なくなってきている。 「2.4GHzの検知に困っている」 おもちゃドクターには行き届いたのかも知れない。

1年前にRFパワーデテクタICを採用したことは、元はトラ技の猿真似だったが、おもちゃドクター向けのRFチェッカーへの適用は画期的だった。それまではレガシーバンドでやっていたダイオード検波器を使って試行錯誤していたが、感度が悪くて使い物にならなかった。現在はRFパワーデテクタICを使う方法が行き渡ってきて、2.4GHzラジコンチェッカーでの「普通の設計」になってきたと思う。ネットを見ると、この方式で自作するおもちゃ病院が増えてきているようだ。

以上のことから、つつじが丘おもちゃ病院での頒布活動は一応の成果とともに、その必要性は低くなってきたと評価する。それで今後は以下の方針に替える。

・無償での頒布は終了し、今後は実費での頒布とする。実費と言っても材料費と送料だけで工賃はいただかない。本記事の公開時点では、材料費は70円程度、郵送料は82円だ。材料費よりも郵送料の方が高いので、おもちゃ病院等でご所望の数量を取り纏めていただくのが宜しいと思う。

・部品の品質を担保することはできないことなどから、 「ジャンク品扱い」 で 「ノークレーム」 であることは変わらない。

・頒布の条件と依頼方法は従前どおりで、 「27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の頒布」 の記事を参照。時々、記事へのコメントで頒布依頼を書く人が居るが、コメント投稿されても対応しない


この1年間の頒布先の中には「無償頒布」することで逆に気を遣わせる結果となり、過大なお礼をいただくこともあり恐縮してしまった。実費徴収することで、気兼ねなくご利用いただけるようになると思う。
  1. 2018/08/17(金) 15:47:29|
  2. 2.4GHzラジコン
  3. | コメント:0

RF+IRチェッカーの製作の製作(オートパワーオフの改善)

【前振り】
以前に作った 2.4GHz対応のRF+IRチェッカー の操作性を若干改善した。

当初からオートパワーオフ機能を付けていたのだが、外部電源で使用しているときもオートパワーオフ機能が働いて切れてしまう。
タクトSWの短押しでパワーオフタイマーの延長ができるのだが、一々押すのも面倒だし、そもそも外部電源で使用時は節電する必要はない。

と言うことで、 「外部電源で使用時はオートパワーオフしない」 仕様に変更した。


【設計】
電源制御の設計は当初からかなり手抜きで、外部電源は下記の回路図の「3V」に突っ込んでいる。
外部電源で起動したときはタクトSWを押下していないので、起動した直後にタクトSWを読み、Hであれば外部電源の使用と判定する。
RF+IRチェッカーの製作回路図表示部2

問題は外部電源をオフした時の処理だ。外部電源をオフしても内蔵電池から電源が供給されるので、稼働し続ける。外部電源がオフになったことを検知するには、ポートを増設する必要があるが、もう空きポートが無い。それで、一旦は内蔵電池で稼働するが、その後に通常のパワーオフの操作(タクトSWの長押し)を行うこととする。LEDが点いているので、パワーオフの操作を忘れることはないだろう。

外部電源を切る前にパワーオフの操作を行うと、PICはパワーオフの動作をしてSleepし、外部電源が切られるのを待つ。

もう一つ重要な事項がある。外部電源で使用中にタクトSWを押下すると、内蔵電池から外部電源へ電流が流れだす可能性がある。一般の電源器は外部から電圧が架けられるとことを想定していないので、最悪爆発するかも知れない。僕の電源器 は外部から電圧が架けられても大丈夫なように設計しているので、このような条件でも問題なく使える。だから、安易に猿真似をして 一般の電源器を繋がないように


【ダウンロード】
元記事の公開ファイルと区別なく、今回の仕様変更を施したファームウェアをアップロード済み。つまり、今回の仕様が唯一となる。

RF+IRチェッカーの設計資料とファームウェアの開発プロジェクトは ここから ダウンロードできる。
  1. 2018/08/17(金) 07:59:26|
  2. 2.4GHzラジコン
  3. | コメント:0

ミッフィーフレンドカーの修理(マイコン換装)

本件は、(千葉県)鎌ケ谷おもちゃの図書館「あ・そ・ぼ」おもちゃ病院様 の修理事例であり、つつじが丘おもちゃ病院(当院)はファームウェアの開発を請け負った。
当記事には依頼元の 鎌ケ谷おもちゃの図書館「あ・そ・ぼ」おもちゃ病院様 から提供していただいた情報や資料が含まれている。
依頼元のブログは こちら

1.患者
ミッフィーフレンドカー
ミッフィーフレンドカー(マイコン換装)外観

2.症状(依頼元で実施)
①SWを押しても音が出ない。

3.診察(依頼元で実施)
①COB不良と判断し、つつじが丘おもちゃ病院(当院)へファームウェアの開発が依頼された。

4.治療

【開発要件】(依頼元から提示)
・ターゲットは12F1840

・電源は4.5V

・電子オルゴールを5曲収容
①ミッキーマウスマーチ
②星に願いを
③あわてんぼうのサンタクロース
④小さな世界
⑤大きな古時計

・動作内容
①電源は常時通電状態でSleepしている
②プシュオンスイッチでPICに負論理入力し、WakeUpする
③電子オルゴールを1曲演奏し、演奏中はモーターを駆動(一定速度)
④演奏終了後、モーターを停止し、Sleep状態に戻る
⑤演奏中のスイッチ入力は無視する
⑥再度、プシュオンスイッチで上記動作を繰り返し、オルゴール曲はラウンドロビンに変えて行く。


【設計・製作】当院で実施
オーソドックスな電子オルゴール機能であり、設計内容で特筆する事項は無い。


【実装】依頼元で実施
回路図や実装の工程は 依頼元のブログ を参照。

実装後の画像を転載しておく。
ミッフィーフレンドカー(マイコン換装)実装

【ダウンロード】
開発したファームウェアは ここから ダウンロードできる。

  1. 2018/08/14(火) 21:14:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

本ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (80)
¦ ・電子オルゴール+音声 (27)
¦ ・音声再生・録音再生 (4)
¦ ・2.4GHzラジコン (27)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (3)
ツール製作 (22)
¦ ・プログラマー (15)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (147)
¦ ・マイコン換装 (69)
¦ ・電子・電気修理 (56)
¦ ・メカ修理 (22)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (8)
ドクター研修会 (2)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR