名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)

1.患者
プッシュ式電話機
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)外観

2.症状
①ベルが鳴らない。

②通話が通じない。

3.診察
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)診察1
         
①プッシュダイヤルのスイッチの接触不良があり、ベルが鳴ったり鳴らなかったりと動作が不安定であった。接点復活剤の塗布にて回復した。

②ベルのモーターのブラシにも接触不良が見られたが、回しているうちに自然回復した。

③フックのスイッチにも接触不良があり、接点復活剤の塗布にて接触は回復したが、通話が通じない事象は変わらなかった。

④ハンドセットへの電流を測定すると全く流れていなかった。ハンドセットの付け根部分でコードの印加電圧を測定すると3Vあり、カールコードの断線ではない。

⑤ハンドセットは強固に接着されていたので、止む無く送話器の円周部分を鋸で切開して、内部の動作状態を確認した。
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)診察2

⑥送話器のカーボンマイクの導通が無く、故障している。2台とも同じ状況だった。

⑦受話器は8Ωのダイナミックスピーカーで、オーディオ信号を入れてみたところ綺麗な音質で鳴った。

4.治療
①送話器のカーボンマイクを交換することになるが、今どきカーボンマイクはジャンク品でも出回ってなく、見付からなかった。そこで、ECM(エレクトレットコンデンサーマイク)とトランジスタでカーボンマイクの代替品を作ることにした。

②ネットに出ていた、アマチュア無線機用の回路を試してみた。
【回路図】
この回路図は「KJ4KV考案の1石代替カーボンマイク回路」www.jh3fja.com/tecout/kj4kv/kj4kv.htm
から転載した。
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)回路1

【評価】
ECMは印加電圧が変動しても電流はほぼ一定となる特性を持っている。このため、上記の回路は固定バイアスとして振る舞う。ECMの電流を実測したところ個体により250uA~500uAとバラツキが大きく、最適のバイアス状態を保つことができない。
致命的だったのは利得が小さかったこと。大声でしゃべっても極小さい音しか出て来なかった。ECMから1石でスピーカーを鳴らすのは無理があったと思う。

③次は2石で、ダーリントン接続にしてみた。
【回路図】
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)回路2

【評価】
利得が大きくなって、普通の大きさの声でしゃべっても適度な音量で通話が伝わるようになった。
電源電圧の変動に対する耐力をテストしたら、1.5V~4.0Vの範囲で動作は良好であった。
この回路を採用することにした。
費用は2台分で130円。
(内訳)
ECM @50円×2個
基板 30円
Tr、CR等はジャンク品利用

④部品点数が比較的多いので、基板に乗せた。
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)治療2
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)治療1
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)治療3

⑤実装
送話器に10mmφの穴を開けてECMを埋め込む。
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)治療4
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)治療5

カールコードが断線気味で、コードを動かすとノイズが出ていたので、交換した。

⑥2台を対向して、呼出しと通話のテストをして修理完了した。

5.おまけ
①電話機の回路は以下のようになっていた。
プッシュ式電話機の修理(カーボンマイク換装)回路3

2台同時にベルをオンすると、電池が短絡されてしまうのだが、こんな設計が許されるのか。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/03(金) 15:58:55|
  2. 修理事例
  3. | コメント:0

ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)

1.患者
石油ファンヒーター(ダイニチ)
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)外観1

ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)外観2

2.症状
①点火せず、エラーが表示されるとのこと。

3.診察
①運転スイッチを「入」にして、症状を確認した。E02「着火ミス」が表示された。取説の記述は下記の通りである。
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)診察1
燃料の供給経路に問題があるようだ。

②ネットには清掃によって回復する例が多く載っている。各部の点検を兼ねて、同じようにやってみることにした。

③前面パネルを外して、内部を診る。
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)診察2

その結果、下記事象が確認された。
(1)フレームロッドと点火プラグのシリコン付着
(2)気化器ニードルのカーボン固着
(3)油受皿の水溜り

4.治療
①フレームロッドと点火プラグを#400紙やすりで磨き、付着したシリコンを除去した。
除去前
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)治療1

除去後
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)治療2

②気化器ニードルはガスレンジで赤熱して、固着したカーボンを除去した。
除去前
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)治療3

除去後
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)治療4

③油受皿の水とゴミはスポイトで吸い上げて除去した。水は底に沈んでいるので、底の方から吸い上げて、水が上がって来なくなるまで繰り返す。漂っているゴミは狙い撃ちしてスポイトに吸い込む。

④元通りに組み立てて運転スイッチを「入」にすると、点火直後に白煙が出て消火してしまう。E02のエラーが表示された。しかし、清掃前は着火すらしない様子だったが、短時間でも燃焼したようだ。再度「入」にすると更に燃焼時間が長くなり、10秒程度燃焼が継続した。3回目の「入」で不安定ながら燃焼が継続し、1分くらいで安定な炎になった。

⑤10分程度の運転を数回行って、安定に着火と燃焼することを確認した。
ダイニチファンヒーターの修理(ニードルのカーボン固着)治療5

⑥2時間の連続運転を行った結果、異常は認められず、修理完了とした。
  1. 2015/04/03(金) 14:27:53|
  2. 修理事例
  3. | コメント:0

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

本ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おもちゃ病院 (7)
技術情報 (9)
修理事例 (143)
製作記事 (77)
ドクター研修会 (2)
PIC開発 (9)
未分類 (9)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR