名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

サーフボーイのクローンリモコン(ジャンク)の頒布

サーフボーイ(大東電機工業スライブ)のクローンリモコンに搭載するファームウェアの開発は ここ で紹介している。このファームウェアはダウンロードして自由に使って貰えばよいのだが、クローンリモコンのハードウェアも含めた製作依頼が当おもちゃ病院へ寄せられるようになってきた。そのため、評価のために試作したものをジャンク品の扱いで希望者に頒布することにした。

本記事の公開から年月が経ち、「今でも頒布しているのか」 との問い合わせをいただくことがある。頒布を終了するときは、本記事にその旨の修正を行うので、それまでは頒布を続けている、と解釈して欲しい。但し、僕が突発的な事故などで、本記事に修正を加えられないこともあり得るので、そのときは御免なさい。

1.クローンリモコンについて
【概要】
サーフボーイ(大東電機工業スライブ)用赤外線リモコンのクローンである。

ブザー付LEDライト(ダイソー)を母体にして、中身をPICマイコンで換装している。
サーフボーイクローンリモコン外観
サーフボーイクローンリモコン外観2
サーフボーイクローンリモコンの電池

【赤外線信号のプロトコル】
赤外線信号のプロトコルは、「(埼玉県)東松山おもちゃの病院」様の分析結果に従った。詳細は ここ を参照。

【回路図】
コスト優先で、デバイスは12F509(2016年秋月@50円)を採用している。
サーフボーイクローンリモコン回路図12F509
赤外線LEDの電流制限抵抗は33Ω~68Ωで、飛距離と電池消耗のトレードオフで決める。

12F509はBOR機能が無い。今まで電池電圧低下時のトラブルは発生していないが、より安定な動作を担保するために、BOR機能を持つ12F615(2016年秋月@75円)を採用したものも作った。
サーフボーイクローンリモコン回路図12F615
12F615はGP3に内部プルアップを持たないので、プルアップ抵抗を外付けする必要がある。

【ファームウェア】
・ファームウェアと設計資料は ここから ダウンロードできる。

・デバイス別にプロジェクトを作っている。

・12F509のプロジェクトディレクトリは surfboyTX_509.X
ソースコードは surfboyTX_509.c の単一のソースファイルになっている。

・12F615のプロジェクトディレクトリは surfboyTX_615.X
ソースコードは surfboyTX_615.c の単一のソースファイルになっている。

2.頒布について
①販売目的や商用利用ではないこと、購入者個人での使用に限る。且つ、当ブログの善良な読者であること。これらに反すると当方で判断した場合は頒布をお断りする。

②本クローンリモコンは当おもちゃ病院での評価のために試作したものであり、ジャンク品扱いとし、動作保証および品質保証はしない。また、仕様は予告なく変更することがある。

③頒布価格は部品代金と部品調達に要する実費(通販送料等)であり、本記事の執筆時点では325円(送料別)(詳細は設計資料を参照)となっている。頒布価格は仕様変更や調達の時期と調達先によって変動するので、実際の頒布価格は都度問い合わせとする。

④利用可能な宅配業者は以下のとおり。
・日本郵便
・佐川急便

 当おもちゃ病院へ直接来院しての受け取りも可能。

⑤宅配での不達や破損等の不具合については、当方は一切責任を負わない。

⑥頒布希望者から頒布価格と送料の税込み合計額を口座振り込みし、入金確認後に送付する。指定期日までに入金確認ができなかった場合や入金額が不足の場合は頒布を取りやめる。如何なる場合も入金後の返金はしない。

⑦本クローンリモコンは当方で独自に設計したものであり、本クローンリモコンに関して大東電機工業様へ問い合わせや苦情の申告等を一切行わないこと。

⑧頒布希望者は当おもちゃ病院へ メールにて申し出る こと。

⑨数量に限りがあるので、頒布希望に応じられない場合がある。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/13(火) 22:06:23|
  2. 製作記事
  3. | コメント:8

「電子オルゴール+音声再生」で16F18313、16F1840をサポート

お馴染みの「電子オルゴール+音声再生」で16F18313、12F1840をサポートした。

16F18313(@75円2016年9月秋月)は12F1822(@100円2016年秋月)より廉価なので、今後は16F18313の使用を推奨する。

12F1840(@115円2016年5月秋月)は8ピンデバイスとしては大き目の4kワードのメモリを持ち、10曲程度が収容できる。

周辺回路は12F1822と全く同じ で、そのままデバイスの置き換えが可能である。

どのターゲットでも「電子オルゴール+音声再生」の機能・性能は同じなので演奏音も同じなのだが、あらためて16F18313の演奏音を掲げておく。音色は ①ピアノ音、②サイン波の基本と3次のリング変調、③サイン波の基本と4次の加算 の順に演奏している。

演奏音はこれ

ファームウェアは ここから ダウンロードできる。このファームウェアは改善を重ねて来ていて、今回はVer5_6になった。これにはいろんなプロジェクトが収容されているが、上記の演奏を行っているプロジェクトは demo_PIC18313.X である。12F1840のプロジェクトは demo_PIC1840.X である。

12F1822からのマイグレーションの内容を簡単に紹介しておく。

【16F18313】
PWM関連の設定は16F1705タイプだ。
①デューティサイクルレジスタは上位バイトと下位バイトがあり、10ビットデータを右詰若しくは左詰めで設定する。
②PWM出力はシングルなので、逆相信号はCWG(相補波形ジェネレータ)で作る。
③PWM出力ピンとCWG出力ピンはPPS機能で割当てる。

【12F1840】
PWMを含めて内蔵機能は12F1822と殆ど互換があり、デバイス宣言を12F1840に変更するだけで済んだ。
  1. 2016/12/03(土) 23:41:19|
  2. 製作記事
  3. | コメント:0

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

本ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おもちゃ病院 (7)
技術情報 (9)
修理事例 (143)
製作記事 (77)
ドクター研修会 (2)
PIC開発 (9)
未分類 (9)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR