名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

PICプログラマーの製作(24FC1025/1026のサポート)

【前振り】
お馴染みの「USB接続PICプログラマー」でサポートデバイスを追加した。

プログラマー外観
このPICプログラマーは以下の特徴を持った優れものだ(自画自賛)。
①PIC10FからPIC32MXまで、幅広いデバイスをサポート
②PIC以外にもAVRやI2Cメモリ、SPIメモリもサポート
③USBバスパワーで電源アダプタが不要
④3cm×4cmの超小型
⑤500円くらいで作れる

【設計】
512Kbitまでのデバイス(24FCxxx)は既にサポートしていたが、今回は1Mbitのデバイス(24FC1025/1026)をサポートした。

24FC1025は512Kbitまでのデバイスとピン機能が異なる。データシートには、ピン3(A2)はチップセレクトではなく、「Vccに繋げ!」と書いてある。

24FC1026は、ピン1がNCになっていて、チップセレクトのA0のピンが無くなっている。

通信仕様においても、チップセレクトビットとブロックセレクトビットの位置が異なっている。

512Kbitまでのデバイスとは仕様が合わないのでソフトは個別対応をせざるを得ない。しかし、ソケットアダプタは共通化したい。

それで、従来はI2Cスレーブアドレスをオール0にしていたが、それをオール1にすることにした。従って、今回のバージョンからソケットアダプタの結線が変更になったので、注意されたい。

【旧仕様】
PICプログラマーの製作(24FC1025/1026のサポート)旧

【新仕様】
PICプログラマーの製作(24FC1025/1026のサポート)新

PC側のプログラムの変更のみで、プログラマー側のファームウェアの変更は不要だ。プログラム間の機能分担が綺麗に分けられているので改造個所が局所化できる(自画自賛)。

【試験】
実機での動作確認は、24FC1025で代表して行った。24FC1026は2016年5月現在、まだ秋月で売られていない。

【ダウンロード】
改変後の資材一式(PC側プログラムのVisualStudio2008プロジェクト、プログラマー側ファームウェアのMPLABプロジェクト、回路図、プログラミングシーケンス、ソケットアダプタ結線、設計資料など)は ここから ダウンロードできる。好きなだけ持って行って下さい。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/23(月) 14:16:17|
  2. 製作記事
  3. | コメント:0
<<CCP社ペアリング式ラジコンのプロトコル | ホーム | ラッピングバスの修理(電子オルゴール換装)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

本ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おもちゃ病院 (7)
技術情報 (9)
修理事例 (143)
製作記事 (77)
ドクター研修会 (2)
PIC開発 (9)
未分類 (9)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR