名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の製作(LT5534ピッチ変換基板)

27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の製作 は2.54mmピッチの蛇の目基板に無理やり作り込んだので作るのがやや困難だった。それで今回はピッチ変換基板を使って製作を容易にした。

この RFチェッカー(ラジコン電波検知器)の使い方 について問い合わせが多いので、先に 注意点 を掲げておく。

27MHz~2400MHzRFチェッカー使い方注意

オシロはないが、それでも視覚で確認したい、と仰る向きには 「RFチェッカー(ラジコン電波検知器)表示部の製作」 を参考にされたい。

このRFチェッカーの機能や性能の評価は初代作の 「27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の製作」 の記事を参照されたい。

【外観】
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板12

【使ったピッチ変換基板】
秋月電子
SOT23変換基板 裏面パターン付 金フラッシュ (10枚入り) 150円(2017年7月)
通販コード P-04800
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板
0.95mmピッチだが、LT5534を取り付け易いサイズだった。

【回路図】
27MHz~2400MHzRFチェッカー回路図3

・27MHz~2.4GHzの広帯域とするため入力側にバンドパスフィルターを付けないので、LT5534のRF入力ピンを直流的にアイソレートする必要は無く、アンテナとのカップリングコンデンサを省略した。カップリングコンデンサが220p、15p、アンテナ直結のそれぞれのケースで感度とノイズを実測して比較したが、どれも同じだった。

・出力側のローパスフィルターは、波形を評価するときに邪魔になるノイズを軽減するため、時定数を大きめの2usとした。

・LT5534のVoutの出力特性が掃き出し200uAのため、1kΩでプルアップしている。

・アンテナを外すとVoutに出力されるノイズ部分が激減する。相対的に感度も低下するのだが、アンテナが無くてもバトロボーグの電波は十分に検知できた。ラジコンの電波をチェックする目的なら、アンテナは無い方が使いよいかも知れない。

【モニター】
このRFチェッカーの使い方は、これの出力(上記回路図のOUT)をオシロで波形観測して、RFパワーレベルを評価することだ。
手近にオシロが無いときや手早く一次切り分けを行いたいときには、定量的な評価はできないが、出力を音で聞くのが簡便で使い勝手がよい。ノイズに埋もれていてもラジコンの特徴的な音は聴覚でははっきりと識別できる。

実際のモニター音はこれ

モニター部の製作記事は ここ と ここ を参照。

【実装過程】
LT5534が乗るランドを薄く半田揚げしておく。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板1

LT5534をセロハンテープでピックアップする。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板2

位置決めを慎重にやる。向きを間違えないように注意する。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板3

先ず、端っこの1つのピンのみを軽く半田付けする。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板4

反対側のピンを位置決めして、チップを押さえながら3ピン同時に溶かし込む。事前にこて先の半田を拭き取っておくとブリッジしない。元の側の3ピンもチップを押さえながら同時に溶かし込む。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板5
半田がブリッジしていないか、十分流れているか、確認する。

1kのプルアップ抵抗を挿し込む。位置を間違えないように。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板6

1kのリード線をカットして、カット屑でGNDラインを配線する。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板7

電源パスコン2個は予めくっ付けておく。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板8

電源パスコンとLPF部品を取り付ける。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板9

Vccライン、アンテナ線、リード線を取り付ける。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板10

基板裏。
27MHz~2400MHzRFチェッカーピッチ変換基板11
スポンサーサイト
  1. 2017/07/21(金) 21:06:14|
  2. 製作記事
  3. | コメント:4
<<27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の頒布 | ホーム | 27MHz~2.4GHz対応RFチェッカー(ラジコン電波検知器)表示部の製作>>

コメント

Re: RFチェッカー希望

「管理人のみ閲覧できます」でコメント投稿された方へ

つつじが丘おもちゃ病院 大泉です。
RFチェッカーの頒布希望は メール で申し出て下さい。コメント投稿されても対応しません。
  1. 2017/11/14(火) 18:42:50 |
  2. URL |
  3. 大泉茂幸 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/11/14(火) 18:03:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: RFチェッカー希望

つつじが丘おもちゃ病院 大泉です。
RFチェッカーの頒布希望は メール で申し出て下さい。コメント投稿されても対応しません。
  1. 2017/07/27(木) 10:44:29 |
  2. URL |
  3. 大泉茂幸 #-
  4. [ 編集 ]

RFチェッカー希望

かごしまおもちゃ病院の米重です。先生のホームページを拝見しております。27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカーの頒布記事を見て応募致しました。 LT5534の事を知り購入をこころみましたが購入カードを持っておらず諦めておりました。よろしくお願い致します。ホームページ「かごしまおもちゃ病院」もあります。 
  1. 2017/07/27(木) 10:02:55 |
  2. URL |
  3. 米重 忠好 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

本ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おもちゃ病院 (7)
技術情報 (9)
修理事例 (141)
製作記事 (74)
ドクター研修会 (2)
PIC開発 (9)
未分類 (8)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR