FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

27MHz~2.4GHz対応RFチェッカー(ラジコン電波検知器)AD8314用モニター部の製作

【前振り】
27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器) の使い方は、その出力をオシロで波形観測してRFパワーレベルを評価することだ。

しかし、RFチェッカー(ラジコン電波検知器)の頒布先の事情を訊くと殆どのおもちゃ病院がオシロを用意していないことが判った。最低限の診療機器をも備えないで医療行為をやっていることが大きな問題なのだが、それはそれとして、ここではオシロがなくてもRFチェッカーを活用する方法を提示する。

27MHzや40MHzのレガシーバンドの電波チェックでやっていたように、RFチェッカーの出力を音で聞くことだ。人の聴覚は繊細でラジコン電波の僅かの異常も確実に把握できる。音のガサツキで送信機の操作スティックの接触不良を発見した経験があると思う。ダイナミックレンジも優れていて、ノイズに埋もれていてもラジコンの特徴的な音は聴覚でははっきりと識別できる。

RFチェッカーの出力信号を直接音に出すことが重要であり、電波を検知してLEDを点けたりビープ音を鳴らして知らせるやり方では生の信号の微妙な変化が把握できないので診断ツールとしては不適当だ。

拙作の 「RFチェッカー表示部」 も話のネタとしては面白いのだが、実際の診断の場面では単に電波が出ていることしか判らず、その信号が正常か異常かの判断にはあまり役立たない。

27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー はその名のとおり27MHz~2.4GHz対応の広帯域なので、このモニター部を付ければ、従来のレガシーバンドのラジコン電波検知器にとって代わることができる。

このモニターは LT5534を使ったRFチェッカー にも使える。そのときは入力信号レベルを 1/2 に落とすと丁度良い音量になる。

【回路図】
大袈裟な前振りにしては回路は極めてオーソドックスな2段直結アンプだ。但し、入力信号が一定値を超えないと2段目がアクティブにならないようにして、無信号時のアイドリング電流を抑止すると共に無用のノイズ音を出さないようにしている。

27MHz~2400MHzRFチェッカー(AD8314用モニター)回路図

・1段目のバイアス抵抗330kΩは、ノイズレベルの入力信号では2段目がカットオフとなるように調整する。

・音量の調整は、RFチェッカーのOUTとカップリングコンデンサの間にアッテネータ(直列抵抗や抵抗分圧など)を入れるとよい。

・電源は 2.7~3.4V でRFチェッカーと共通にしてよい。電源電圧がこの範囲を下回ると音が出難くなり、上回るとアイドリング電流が増大する。

・2SA952は偶々ジャンク箱に転がっていたものを再利用しただけで、これが好みな訳ではない。

【評価】
1石のものに比べて馬力が格段に向上し、アッテネータを付けないとうるさいくらいに鳴る。
無信号時の電源電流は1.2mAで、2段目はカットオフ状態になっている。
ノイズの出力は程よく抑止されていて、とても聞き易い。(自画自賛)

【実装画像】
27MHz~2400MHzRFチェッカー(AD8314用モニター)基板表
27MHz~2400MHzRFチェッカー(AD8314用モニター)基板裏
上記の基板は厚さが10mmあり、緩衝材で包むと定型郵便で送ることができない。

そこでチップ部品を使って小さいサイズのものを作った。但し、1段目のバイアス抵抗はカット&トライがやり易いように、また、2段目のTrは損失を考慮してチップ部品は使わなかった。
27MHz~2400MHzRFチェッカー(AD8314用モニター)チップ基板表
27MHz~2400MHzRFチェッカー(AD8314用モニター)チップ基板裏

チップ部品を使用した基板の配線図
27MHz~2400MHzRFチェッカー(AD8314用モニター)チップ配線図
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/08/11(金) 16:53:50|
  2. 2.4GHzラジコン
  3. | コメント:0
<<マイクロ波磁界検出器の調査 | ホーム | 27MHz~2.4GHz対応のRFチェッカー(ラジコン電波検知器)の製作(AD8314)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (87)
¦ ・電子オルゴール+音声 (32)
¦ ・音声再生・録音再生 (4)
¦ ・2.4GHzラジコン (29)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (3)
ツール製作 (24)
¦ ・プログラマー (17)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (150)
¦ ・マイコン換装 (70)
¦ ・電子・電気修理 (58)
¦ ・メカ修理 (22)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (2)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR