FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

PIC電子オルゴールVer5_7でRFIDをサポート

PIC電子オルゴールVer5_7でRFIDをサポートした。

【デモ】


【実行環境】
PICマイコン(16F1705など)とRFIDリーダライタモジュールだけだ。
RFIDタグからシリアル番号を取得する実行環境

【RFID機能の位置付け】
電子オルゴールのエンジンが直接タグを読み書きすることは無い。この点がSDカードをサポートしたときとは異なる。

SDカードの場合は、アプリケーションはオルゴールエンジンに対して音声再生の実行を指示するだけで、後はオルゴールエンジンがSDカードからPCMデータを読み出してPWMへ送り出す。アプリケーションがSDカードをアクセスすることは無い。

RFID機能の場合は、タグをアクセスするのはアプリケーションである。アプリケーションがタグ情報を読み出して、そのタグを識別し、オルゴール演奏や音声再生をオルゴールエンジンへ指示する。このような動作になるので、オルゴールエンジンが直接タグを読むことは無い。

上記のことから、RFID機能はアプリケーション機能の一部として、リーダライタをアクセスするプログラムモジュールをアプリケーションが呼び込む形態とする。つまり、「PIC電子オルゴールVer5_7でRFIDをサポートした」と言うのは不正確で、「PIC電子オルゴールVer5_7のアプリケーションで簡単にRFIDが使えるようにした」と言うのが正しい。


【RFID機能】

サポートするリーダライタモジュールはRFID-RC522のみ、インタフェースはSPIのみである。

サポートする機能は、タグのタイプとシリアル番号の取得のみである。

PICでRFIDのリーダ/ライタモジュールをアクセスするファームウェアは ここ を参照。本記事はこれをPIC電子オルゴールの環境に移植したものだ。


【API】
アプリケーションに対して下記2つのAPIを提供する。

①初期化

リーダライタモジュールを初期化する。
パラメータは無く、呼び出すだけでよい。

②タグ情報取得

タグ情報(タイプ・シリアル番号)を取得する。
パラメータは無く、呼び出すだけでよい。
タグ検出の有無が戻り値で返される。
タグを検出した場合はグローバル変数にタグのタイプとシリアル番号が格納されている。

使い方はサンプルソースを参照。


【PIC側の初期化】

リーダライタモジュールを接続するポートの初期設定はアプリケーションの初期化の一環として行うこと。

実行内容はサンプルソースを参照。


【使用例】
デモを行ったファームウェアのソースコードからRFIDに関連する部分を抜粋。

MFRC522制御モジュールの呼び込み
PIC電子オルゴールVer5_7でRFIDをサポートソースコード1

初期化
PIC電子オルゴールVer5_7でRFIDをサポートアプリコード2

タグを検出したときの処理
PIC電子オルゴールVer5_7でRFIDをサポートアプリコード3

上記のコードを書くだけでRFIDタグでPIC電子オルゴールを制御できる。

タグ情報が格納されるグローバル変数(MF_type、MF_serial)
PIC電子オルゴールVer5_7でRFIDをサポートアプリコード4

【ダウンロード】

PIC電子オルゴールのファームウェアと関連資料は ここから ダウンロードできる。

RFIDを使ったプロジェクトは onsei_RFID_PIC1705_PROG.X
ソースコードは onsei_RFID_PIC1705_PROG.asm
MFRCアクセスモジュールは MFRC522.asm
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/02/20(火) 21:10:04|
  2. 電子オルゴール+音声
  3. | コメント:0
<<「つつじが丘おもちゃ病院 電子オルゴール」の宣伝 | ホーム | 「RFIDタグからシリアル番号(UID)を取得する」のtiny13A版>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

本ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (80)
¦ ・電子オルゴール+音声 (27)
¦ ・音声再生・録音再生 (4)
¦ ・2.4GHzラジコン (27)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (3)
ツール製作 (22)
¦ ・プログラマー (15)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (147)
¦ ・マイコン換装 (69)
¦ ・電子・電気修理 (56)
¦ ・メカ修理 (22)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (8)
ドクター研修会 (2)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR