FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

PIC電子オルゴールVer5_7で(糸魚川)Dr.渡辺氏の曲目を追加

糸魚川のおもちゃクリニックゆりかごの渡辺DrからPIC電子オルゴールの追加曲をいただいた。今回は 「子供たちに残したい歌」 25曲が追加された。 多謝。

PIC電子オルゴールVer5_7で(糸魚川)Dr.渡辺氏の曲目を追加1

PIC電子オルゴールVer5_7で(糸魚川)Dr.渡辺氏の曲目を追加2

PIC電子オルゴールは ここから ダウンロードできる。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/03/19(月) 20:44:42|
  2. 電子オルゴール+音声
  3. | コメント:7
<<キーボードおもちゃの修理(マイコン換装) | ホーム | PIC電子オルゴールVer5_7でオルゴール演奏終了時のポップノイズ抑止をサポート>>

コメント

PIC16F1823 から 1825にするには。

PIC16F1823 のソースコードで、PIC16F1825に置換えることもできます。(これでオルゴール演奏は25曲程度まで、余裕を持って実装できます。)

ただし、大泉院長の昨年5月29日 の製作記事にあるとおり、標準リンカスクリプトではプログラムメモリのセグメントが分断されているので、PIC電子オルゴール向けに1セグメントにしたものを用意する必要がありますが・・・。

※1825用に試作したリンカスクリプトの最初と末尾の各数行を、下記に記載しますので、ご参考までに。

(先頭部分の抜粋)
// File: 16f1825_g.lkr
// Generic linker script for the PIC16F1825 processor

LIBPATH .

CODEPAGE NAME=page0 START=0x0 END=0x1FFF //wata追加(2018/05/13)
//CODEPAGE NAME=page0 START=0x0 END=0x7FF //wata削除(2018/05/13)
//CODEPAGE NAME=page1 START=0x800 END=0xFFF //wata削除(2018/05/13)
//CODEPAGE NAME=page2 START=0x1000 END=0x17FF //wata削除(2018/05/13)
//CODEPAGE NAME=page3 START=0x1800 END=0x1FFF //wata削除(2018/05/13)

(末尾部分の抜粋)
SECTION NAME=PROG0 ROM=page0 // ROM code space - page0
//SECTION NAME=PROG1 ROM=page1 // ROM code space - page1 //wata削除(2018/05/13)
//SECTION NAME=PROG2 ROM=page2 // ROM code space - page2 //wata削除(2018/05/13)
//SECTION NAME=PROG3 ROM=page3 // ROM code space - page3 //wata削除(2018/05/13)
SECTION NAME=IDLOCS ROM=.idlocs // ID locations
SECTION NAME=DEEPROM ROM=eedata // Data EEPROM
SECTION NAME=LINEAR0 RAM=linear0 // Linear Memory
  1. 2018/05/19(土) 02:41:46 |
  2. URL |
  3. Dr.わたなべ.m #-
  4. [ 編集 ]

低電圧でも安定動作、重宝します。

12F1822は使用電圧が低くても割と安定動作するので、私は非常に重宝しており、サンプルコードの保持には感謝していたところです。
鶴岡さま、16F1823へのソースコード対応レポート、助かります。低電圧動作でも多くのPIN数が必要の際に活用できますネ。
旧バージョンのPIC電子オルゴールにも魅力的なプロジェクトが沢山あり、少しづつ最新バージョンへの移植を勉強中ですが、大変参考になりました。
  1. 2018/04/15(日) 06:37:28 |
  2. URL |
  3. Dr.わたなべ.M #-
  4. [ 編集 ]

Re: yurikagoLED_PIC1822をPIC16F1823で使ってみました。

鶴岡様
大泉です。
bankselは同類のレジスタアクセス時は1回でよいです。252行、256行、262行は不要です。
  1. 2018/04/11(水) 22:02:04 |
  2. URL |
  3. 大泉茂幸 #-
  4. [ 編集 ]

yurikagoLED_PIC1822をPIC16F1823で使ってみました。

お世話になっております。

糸魚川のおもちゃクリニックゆりかごの渡辺Dr様からメールをいただきまして、
先日、16F1823 用に行った、yurikagoLED_PIC1822 の書き換えをレポートさせて
いただくことにいたしました。
書き換えたのは、下記の①と②の部分です。
なお、左側の数字はテキストエディターのライン番号です。

①PIC種変更に伴い

27  #include "p12f1822.inc"  → #include "p16f1823.inc"

②PortCの設定追加

249 ;I/Oポート設定
250 banksel LATA ;BANK設定
251 clrf LATA ;ポート出力をLにしておく
252 banksel LATC ;BANK設定(16F1823 only)
253 clrf LATC ;ポート出力をLにしておく(18F1823 only)
254 banksel TRISA ;BANK設定
255 clrf TRISA ;RA3以外は出力モード
256 banksel TRISC ;BANK設定(16F1823 only)
257 clrf TRISC ;RCxは出力モード(16F1823 only)
258 banksel OPTION_REG ;BANK設定
259 bcf OPTION_REG,NOT_WPUEN ;内部プルアップ開始
260 banksel ANSELA ;BANK設定
261 clrf ANSELA ;ポートは全てデジタルI/O
262 banksel ANSELC ;BANK設定(16F1823 only)
263 clrf ANSELC ;ポートは全てデジタルI/O(16F1823only)

ただし、スピーカ接続端子は、大泉様のご指摘にもあったように

16F1823 では、5ピン(RC5=P1A) と 6ピン(RC4=P1B) になります。

(このことはデータシートには明示されているのですが、確認を怠って質問してしまいました。)

ご参考になれば幸いです。
  1. 2018/04/11(水) 20:58:01 |
  2. URL |
  3. 鶴岡美秋 #-
  4. [ 編集 ]

ECCPのピン割り当てを確認しました。

大泉様
 ご回答ありがとうございました。
 データシートでECCPの割り当て表を確認して気が付きました。単純に23は単純にPORT Cが増設されているのみと思い込んでしまっておりました。
 貴重なお時間を割いてお調べいただきありがとうございました。
  1. 2018/04/07(土) 15:01:36 |
  2. URL |
  3. 鶴岡美秋 #-
  4. [ 編集 ]

Re: Ver5_7で

鶴岡様
つつじが丘おもちゃ病院 大泉です。

データシート見ますと22と23でピン割り当てが違います。
22のP1AはRA2,P1BはRA0です。23のP1AはRC5、P1BはRC4になっています。
このことを意識されていますか。
  1. 2018/04/07(土) 14:19:58 |
  2. URL |
  3. 大泉茂幸 #-
  4. [ 編集 ]

Ver5_7で

お世話になっております。
Ver5_7が提供されていることに気がつきまして、MPLAB X IDE v4.15 を使い、
kyoku_PIC1822.X、Kyoku_PIC18313.X やyurikagoLED_PIC1822.X を利用して、
オルゴール動作確認できました。(MPLAB IDE v8.92でのアセンブルもうまくいきました。ありがとうございました。)

その後なのですが、
応用問題として、PIC12F1822と同じdatasheetに記載されいる14pinの
PIC16F1823 での動作させようと思い、yurikagoLED_PIC1822.X の中のソースフ
ァイルを一部書き換えて見ているのですが、LED点灯の様子からは、選曲通りに
正しく動作しているようなのですが、音が全くでないという状況です。

PICの種類を変えた際に、プロジェクトの中のソースファイル以外で書き換えが必要なファイルがありましたら、ご教示いただきたくお願いいたします。





  1. 2018/04/07(土) 12:07:35 |
  2. URL |
  3. 鶴岡美秋 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

本ブログで公開している技術情報や成果物のご利用および再配布はフリーです。読者様の技術活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (80)
¦ ・電子オルゴール+音声 (27)
¦ ・音声再生・録音再生 (4)
¦ ・2.4GHzラジコン (27)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (3)
ツール製作 (22)
¦ ・プログラマー (15)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (147)
¦ ・マイコン換装 (69)
¦ ・電子・電気修理 (56)
¦ ・メカ修理 (22)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (8)
ドクター研修会 (2)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR