FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

PIC電子オルゴールVer5_7に(糸魚川)Dr.渡辺氏の曲目(シェパード音源、ビブラフォン音源)を追加

毎度の (糸魚川)Dr.渡辺氏の曲目追加です。

今回の追加・改善点について、渡辺氏からの説明を掲げておく。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
PIC電子オルゴールVer5_7にSEHPARD音源の曲集を追加します。
by ToyDr.わたなべ(2018.07.31 おもちゃクリニック ゆりかご)

打鍵音の減衰率を改良したエンベロープデータ「enve_VIB」(VIB深さ=30%固定)を追加します。
これに伴い、揺らぎ比較のプロジェクト「ongen_SHEPARD_18313」と、ソングデータ「song_YURIKAGO_VIB」も一部修正したので、公開済みファイルと差替え願います。
完成した減衰曲線イメージは、添付図(VIB改良_理想的な減衰曲線)のとおり。

(お詫び)VIB深さ=60%では思った以上にVIB効果があり、通常は(演歌などで必要の場合以外は)VIB深さ=30%で十分でした。
今後、エンベロープデータ「enve_VIB30」と「enve_VIB40」と「enve_VIB50」のファイルは使い道がないので、3つとも公開フォルダから削除願います。
なお、揺らぎ比較のプロジェクトに使用したエンベロープデータ「enve_VIB60」は、当面そのまま存置願います。

1(シェパードの無限音階)
以前、Dr大泉院長に特注で「wave_SHEPARD」音源を作って貰っていたが、その音源を生かしたものを模索しているうちに、今まで試作報告が遅れていた。
特注プロジェクトは、音程がドレミファソラシド・・・と上昇を続けながら、無限に繰り返す「SHEPARD」(無限音階)を2種のデバイスに載せていただいたもの。
今回、音程上昇を半音階スケールに改修したので、プロジェクト「shepard_PIC1822」、「shepard_PIC1840」を試聴ください。
詳しい開発資料は、 最新版 の中の 「wave_SHEPARD」フォルダをご参照あれ。


2(揺らぎ曲線にあこがれて)
ビブラフォンの構造から分かるように、金属音板をマレットで叩いて演奏するため、強いアタック感があるのは当然のこと。それにも拘らず豊かな余韻が続くのは、音板直下に並ぶ「共鳴パイプ」のおかげ。
このとき、ビブラフォンでは共鳴パイプ上の円形羽根がモーターでゆっくり横回転していて独特の揺らぎが生み出される。(音板打楽器の仲間、マリンバにはない機能。)
→詳しくは、 日本楽器(ヤマハ)のサイト をご参照あれ。

前回プロジェクトでは、曲目は「ゆりかごの歌」、音源は「シェパードの無限音階」、ビブラフォンの揺らぎは「独自のエンベロープ波形」で実現した。
一定の減衰率による指数減衰曲線を基本波とし、これに正弦波(5Hzから6Hz周期のsin波)を合成して、音量的に揺らぎを与えている。
データサンプル数を256サンプルと最大限に多くして、1回の揺らぎ周期は8サンプルにした。大泉院長のご指導に感謝します。
→ 前回報告は、 コチラ をご参照あれ。

すぐに、福岡県の猫好きドクターoteruさんのサイトで、拙作の曲目のオルゴール演奏が試聴できるようになり、ビブラフォン風の揺らぎ効果も確認できて、大感激。
→ とりあえず 「何でもぶろぐ」? は、コチラ をご参照あれ。

※なお、次の課題としては、本物のビブラフォンのような強い「アタック感」と豊かな「余韻」を、両方とも「同時に」実現することが求められていた。


3(共鳴パイプを再現)
既存のエンベロープデータの減衰曲線を、エクセルグラフで同一軸上に重ねて比較すると、特徴が視覚的にイメージできる。減衰曲線の一覧は添付図(減衰曲線イメージを比較)のとおり。
音板打楽器の強いアタック感を求め先頭部のみピアノ曲線に重なるようにしつつ、それ以後は共鳴パイプによる豊かな余韻が味わえるような曲線が得られるよう、試行錯誤した。
結局、急峻な減衰率による指数計算から始まり、以後は4段階で減衰率を戻していき、続く残響部では緩やかな指数曲線とすることで、イメージどおりの曲線を描くことができた。
このときの数値をサンプルデータ化して、「enve_RSN」(レゾナンス=共鳴)を作成。このままマリンバ風エンベロープデータとして使えるのではないか!
マリンバ風の木質音は余韻の長さを、eps_mac=TEMPO×4(±10%)で調整する。

また、金属音のビブラフォン風エンベロープは、あらためて、この減衰曲線に正弦波を合成して、5Hzから6Hzの揺らぎを実現している。
今回、理想的な曲線に改良したエンベロープデータ「enve_VIB]を正式公開版とする。揺らぎの周期は、eps_mac=TEMPO×4.6(±10%)で調整する。


4(開発資材とプロジェクト)
今回の曲データを含む設計資料と開発プロジェクトは ここから ダウンロードできる。
ビブラフォン風エンベロープの思い付きメモや詳しい設計資料は同梱の「enve_VIB」フォルダを、ご参照あれ。


5(ソングデータのジャンル分け)
今回の追加曲集は、この「SHEPARD」音源を使ったソングデータを中心に、(選曲を容易にするため)3ジャンルに分類して、下記プロジェクトに収容し直した。
(1)既存のソングデータの音源を「SHEPARD」音源に置換え、エンベロープデータを「enve_RSN」(マリンバ風)にしてみた。→主に既存の曲目で「子どもの歌」に分けられるもので、楽しい曲が多いため、あえて揺らぎ効果は実装しない。
今回、プロジェクト「yurikago_PIC18326」にて全曲収容したので試聴ください。

(2)同じく「SHEPARD」音源に置換え、エンベロープデータを「enve_VIB」(ビブラフォン風)にした懐かしい歌。→主に拙作の「日本の歌」に分けられるもので、「ゆりかごの歌」に代表されるような大正期童謡や子守唄など。
今回、プロジェクト「ongen_PIC18326」を拝借して全曲収容し、さらに新曲(ボイストレーニング用の練習曲)を4曲追加したので試聴ください。

(3)同じく「SHEPARD」音源に置換え、エンベロープデータを「enve_VIB」にした外国曲。→主に拙作の「世界の歌」にジャンル分けできるもので、クラシックの名曲や世界民謡など、比較的ゆったりとした曲でビブラフォン風の揺らぎ効果が期待できる。
今回、プロジェクト「yurikago_PIC1705」にて全曲収容したので試聴ください。

※既存のソングデータ内の「SEHPARAD」音源への置換えや、「song_shepard.inc」というインクルードファイル作成までの手順は、技術志向つながりでメル友になったDr鶴岡先輩に相談したところ、実にサクサクっと仕上げていただき、大変驚いた。
ソングデータのジャンル分けも同氏のプロジェクトからヒントを得たもので、この場をお借りして感謝申し上げます。(鶴岡氏のブログは、 コチラ をご参照あれ。)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

シェパード音源、ビブラフォン効果の聴き比べは ここで できる。

全曲目の試聴は ここで できる。

設計資料と開発プロジェクトは ここから ダウンロードできる。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/07/22(日) 17:12:40|
  2. 電子オルゴール+音声
  3. | コメント:2
<<COLUMBIA電気ピアノの修理(抵抗不良) | ホーム | PIC電子オルゴールVer5_7に(糸魚川)Dr.渡辺氏の曲目(ビブラフォン演奏)を追加>>

コメント

ご希望の音色が自由に作れるのも魅力です。

私は、エラープロジェクトからエラーになったソースファイルを一旦(リムーブ)外して、正しいロケーションから同名ソースファイルを(add)取り込み直してクリーン&ビルドで、エラーがなくなりました。
昨日、大泉院長からは既に修正版をアップしていただいたとのことですので、お手数ですが、改めて「最新版」をダウンロードし直してくださるよう、お願いします。申し訳ありませんでした。

v-238ソングファイルのパラメータを置き換えるだけで、ご希望の音色が自由に作れるところも、つつじが丘おもちゃ病院のPIC電子オルゴールの魅力ですv-237
既存の「こどもの歌」のうち「アンニローリ、星の世界、もみじ、サイレントナイト」等の大人しい曲は、「song_*****_VIB.asm」というソングファイルを選択することで「ビブラフォン風」の音色になります。宜しかったら、試してみてください。
  1. 2018/07/29(日) 07:00:15 |
  2. URL |
  3. ToyDr.わたなべ #9q2FTWbs
  4. [ 編集 ]

ビブラフォン演奏の微調整及び「yurikago」プロジェクトに機能追加

技術志向の猫好きドクター様から、下記のような評価レポートがありました。大変、失礼いたしました。

> ongen_SHEPARD_18313.XのHEXファイルでは「トロイカ」が演奏されます。 なぜかongen_SHEPARD_18313.asmの内容と違っています。

→ 気付きませんでした! 私(ToyDr.わたなべ)のファイル送信時のミスが原因。 ソングデータ作成中の(最後の)曲が残っていたと思われます。 ソースファイルを元どおり戻したつもりでも、ビルドを忘れていました。

また、プロジェクト「yurikago_*****」にモーター制御とLED点滅出力の機能を追加したいと存じます。

大泉院長さま、そのような訳で、若干の修正をお願いする次第です。
  1. 2018/07/23(月) 23:10:18 |
  2. URL |
  3. ToyDr.わたなべ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物の複製、改変および再配布はフリーです。読者様のおもちゃ病院活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (90)
¦ ・電子オルゴール+音声 (32)
¦ ・音声再生・録音再生 (6)
¦ ・2.4GHzラジコン (29)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (4)
ツール製作 (26)
¦ ・プログラマー (19)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (154)
¦ ・マイコン換装 (72)
¦ ・電子・電気修理 (59)
¦ ・メカ修理 (23)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (2)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR