FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

COLUMBIA電気ピアノの修理(抵抗不良)

1.患者
COLUMBIAの電気ピアノでかなりの年代物
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)外観

2.症状
①音が全く出ない。

②パイロットランプは点いている。

3.診察
①電源投入時のポップ音は出るので基板に電源は供給されているようだ。スピーカーも切れていないらしい。

②振動板の電磁ピックアップをテスト用オーディオアンプに繋ぐとピアノの音が出たので、鍵盤の機構系から電磁ピックアップまではOKのようだ。このピアノの音源は純粋に機械系だった。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)音源1 (2)
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)音源2
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)音源1


③パワーアンプの入力端子に信号を入れても音が出て来ないので、パワーアンプの故障らしい。

ここまで現地で診て、基板だけを持ち帰り故障個所の切り分けを行うことにした。アップライトピアノと同等の大きさで、丸ごとは容易に運べない。

下記は外してきた基板で、放熱器の左側がアンプ部、右側が電源部になっている。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)基板全体

下記の画像の手前がパワーアンプ部、奥の方がプリアンプ部とトレモロ部になっている。〇印がパワーアンプの入力端子と出力端子。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)基板パワーアンプ印付き

④パワーアンプの初段は昔のオーディオアンプではお馴染みの2SA798だ。この石のバランスをチェックしたら、アンプ出力側のVbeが殆ど0Vで差動のバランスが崩れている。特にコレクタが殆どGNDレベルであるのがおかしい。2SA798の内部短絡かと各電極間を導通チェックしたが短絡状況は認められなかった。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)基板初段

このタイプの回路構成は、一般に下図のようになっている。下図はネットに有った一般例としての説明図であり、この電気ピアノのものではない。なお、この回路図には明らかに間違っている箇所があるが、細かいことは言わずに概略を理解する目的には使える。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)パワーアンプ概略回路図

⑤コレクタの先を負電源に向かって辿っていくと、負電源のバイパスコンデンサ(下図右下のC22)のマイナス側が殆どGNDレベルで、その先は100Ωの抵抗(下図右下のR41)を介して、電源部の負電源に繋がっている。電源部の負電源は-30V出ている。この100Ωの抵抗値を測ると3.4kΩもあった。なお、この平滑回路は上記の一般例の回路図には記載されていない。

下記の画像で〇印(R41)が故障した抵抗が付いていた場所で、この画像は交換後のものだ。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)基板抵抗1印付き
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)基板抵抗2印付き

取り外した抵抗は下記で、一部塗装が剥がれていて如何にも不具合がありそうな風体をしている。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)抵抗

⑥抵抗を交換した後は、各部の電圧は正常値になって、入力端子に信号を入れると綺麗な音が出てきた。

⑦このパワーアンプ基板にはプリアンプとトレモロ回路も載っていて、その部分は入力信号に対して正常な出力信号が出てくるのを確認した。

4.治療
①診察の過程で、負電源平滑用の100Ω抵抗を交換することで、正常な動作に復旧した。

②後日、依頼者宅で組み付け、動作確認を行った結果、良好であった。
COLUMBIA電気ピアノ(抵抗不良)アンプ部取り付け1
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/07/25(水) 16:20:08|
  2. 電子・電気修理
  3. | コメント:0
<<エアコンのリモコンの修理(基板腐食) | ホーム | PIC電子オルゴールVer5_7に(糸魚川)Dr.渡辺氏の曲目(シェパード音源、ビブラフォン音源)を追加>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物の複製、改変および再配布はフリーです。読者様のおもちゃ病院活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (90)
¦ ・電子オルゴール+音声 (32)
¦ ・音声再生・録音再生 (6)
¦ ・2.4GHzラジコン (29)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (4)
ツール製作 (26)
¦ ・プログラマー (19)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (154)
¦ ・マイコン換装 (72)
¦ ・電子・電気修理 (59)
¦ ・メカ修理 (23)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (2)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR