FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

PICプログラマーの機能改善(大容量SPIフラッシュのサポート)

【前振り】
先日 PIC電子オルゴールVer5_7で大容量SPIフラッシュメモリ(W25Q64)をサポート したのだが、その機能を利用するには大容量SPIフラッシュメモリに音声データを書き込む手段が必要になる。24/25系ライターのCH341Aが安価(2018年10月AliExpressで$2以下)に出回っているのでそれを買えばいいのだが、それでは「製作の自己完結」が損なわれる。僕はこの考えを重視していて、USB接続のPICプログラマーの製作にあたり、その制御マイコンを書込みための鶏プラグラムの製作から始めている。
それで、今回もPICプログラマーで大容量SPIフラッシュの書き込みをサポートした。


【設計】
対象デバイスは、SST25xx、SST26xxなどの信号線や命令コード、処理シーケンスが25系の標準のものとする。
おもちゃ修理に利用可能な低価格で入手出来るW25Qxxは外せない。

おもちゃ修理が使用目的なので、書き込みプロテクトは一切サポートしない。

標準インタフェースのSPIフラッシュメモリは従来からサポートしているので、今回の機能改善はデバイステーブルの新規作成とチップ消去機能の追加だ。


【使い方】

プログラマー操作画面

各リストボックスで該当するアイテムを選択して、「実行」をクリックすると読み書きが行われる。

メモリの容量をフルに読み書きすると長時間を要するので、実使用量に合わせて相当するW25Qxxの設定で読み書きを実行すれば時間短縮になる。


【ダウンロード】
PICプログラマーの設計資料とソフトウェアは ここから ダウンロードできる。

PC側の制御ソフトはGUIとプログラマー制御の2つから成る。
①GUIを担うVBプロジェクトは「ISP\ISP\ISP.sln」、実行ファイルは「ISP\ISP\bin\ISP.exe」

②プログラマー制御を担うVCプロジェクトは「ISP\ISPdll\ISPdll\ISPdll.sln」、DLLファイルは「ISP\ISPdll\Release\ISPdll.dll」

プログラマー側の制御ソフトは
③18F14K50のファームウェアのディレクトリは「ISPpic18F14K50」、プロジェクトは「ISP\ISPpic18F14k50\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic18F14K50.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic18F14k50\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic18F14K50.X\dist\LPCUSBDK_18F14K50\production\ISPpic18F14K50.X.production.hex」

④16F1459のファームウェアのディレクトリは「ISPpic16F1459」、プロジェクトは「ISP\ISPpic16F1459\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1459.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic16F1459\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1459.X\dist\LPCUSBDK_16F1459\production\ISPpic16F1459.X.production.hex」

⑤16F1454のファームウェアのディレクトリは「ISPpic16F1454」、プロジェクトは「ISP\ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X\dist\LPCUSBDK_16F1459\production\ISPpic16F1454.X.production.hex」

今回のバージョンアップは上記の①と②が更新されているので、PC側の制御ソフトだけを差し替えればよい。

PC側の制御ソフトは、OSへのインストールは必要なく、任意の1つのフォルダにISP.exeとISPdll.dllをコピーするだけで良い。
VisualStudio2008のランタイムが無いと言われたら、ビルゲイツの指示に従って別途インストールする。

PICプログラマーを始めて導入するときはUSBドライバーの登録が必要である。USBドライバー本体はWindows標準のものを使用する。infファイルとcatファイルは「PICプログラマー\ISP\ISPpic18F14k50\Windows」、「PICプログラマー\ISP\ISPpic16F1459\Windows」、「PICプログラマー\ISP\ISPpic16F1454\Windows」にある。

ハードウェアの設計書は「USB接続簡易共用プログラマー設計・回路図・配線図.xls」。
各デバイス毎のソケットアダプタ結線は、シート名「ソケット・・・」を参照。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/10/03(水) 20:50:07|
  2. プログラマー
  3. | コメント:0
<<シリアルフラッシュROM(24/25)ライターの製作 | ホーム | PIC電子オルゴールVer5_7でWAVファイルからHEXファイルを生成するツールを製作>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物の複製、改変および再配布はフリーです。読者様のおもちゃ病院活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (90)
¦ ・電子オルゴール+音声 (32)
¦ ・音声再生・録音再生 (6)
¦ ・2.4GHzラジコン (29)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (4)
ツール製作 (26)
¦ ・プログラマー (19)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (154)
¦ ・マイコン換装 (72)
¦ ・電子・電気修理 (59)
¦ ・メカ修理 (23)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (2)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR