FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

シリアルフラッシュROM(24/25)ライターの製作

先日は PICプログラマーで大容量SPIフラッシュをサポート したが、PICプログラマーから派生した I2CインタフェースEEPROM(24シリーズ)ライター でも大容量SPIフラッシュをサポートした。これで 「シリアルフラッシュROM(24/25)ライター」となった。


【外観】
シリアルフラッシュROMライターの製作外観説明


【回路図】

シリアルフラッシュROMライターの製作回路図1
シリアルフラッシュROMライターの製作回路図2


【配線図】
シリアルフラッシュROMライターの製作配線図


【操作】

シリアルフラッシュROMライターの製作画面

各リストボックスで該当するアイテムを選択して、「実行」をクリックすると読み書きが行われる。

メモリの容量をフルに読み書きすると長時間を要するので、実使用量に合わせて相当するW25Qxxの設定で読み書きを実行すれば時間短縮になる。


【設計】
・ポートの遣り繰り
①I2Cの信号線SCLとSDAをSPIのSCKとMOSIに兼用させる。
②SPIのMISOとSSは新たにポートを割り当てる。
③前作では空きポートを束ねてターゲットの電源供給に充てていたので、それから1本を剥ぎ取りSSに充てる。
④MISOにはMCLRを充てる。

・SPIの実装
①ISPのファームウェア「ISPpic16F1459」からソフトSPIの部分を移植する。
②SPIに割り当てたポートの初期設定は「CS(SS)をH」の実行機能と同時に実施することで、I2Cとの競合を避ける。

・ターゲットはPICプログラマーと同じとする。
①SPIフラッシュ
25AA320A
25AA640A
25AA128
25AA256
25AA512
25AA1024
SST25xx020
SST25xx040
SST25xx080
SST26xx016
SST26xx032
SST26xx064
W25Q16
W25Q32
W25Q64
W25Q128

②I2Cフラッシュ
24FC32A
24FC64
24FC128
24FC256
24FC512
24FC1025
24FC1026
AT24C1024B
CAT24M01
S-24CM01C


【ダウンロード】
詳細な製作資料とファームおよびPC側制御ソフトの開発プロジェクトは ここから ダウンロードできる。

PC側の制御ソフトはGUIとプログラマー制御の2つから成る。
①GUIを担うVBプロジェクト資材は「EEPROM」、実行ファイルは「EEPROM\bin\EEPROM.exe」
カレントディレクトリを 「EEPROM\bin」 に置いて起動すればよい。

②プログラマー制御を担うVCプロジェクト資材は「ISPdll」、DLLファイルは「ISPdll\Release\ISPdll.dll」

プログラマー側の制御ソフトは
③16F1454のファームウェアでMPLABXプロジェクトは 「ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X」
USBドライバー組み込みに必要な inf と cat は 「ISPpic16F1454\Windows」 にある。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/10/04(木) 18:49:55|
  2. プログラマー
  3. | コメント:0
<<ATtiny13Aで音声再生 | ホーム | PICプログラマーの機能改善(大容量SPIフラッシュのサポート)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物の複製、改変および再配布はフリーです。読者様のおもちゃ病院活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (90)
¦ ・電子オルゴール+音声 (32)
¦ ・音声再生・録音再生 (6)
¦ ・2.4GHzラジコン (29)
¦ ・レガシーラジコン (12)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (4)
ツール製作 (26)
¦ ・プログラマー (19)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (4)
修理事例 (154)
¦ ・マイコン換装 (72)
¦ ・電子・電気修理 (59)
¦ ・メカ修理 (23)
製作記事 (4)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (2)
未分類 (0)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR