FC2ブログ

名張市つつじが丘おもちゃ病院

三重県名張市つつじが丘でおもちゃの病院を開院しています。年中無休で修理は無料、部品代のみ実費です。おもちゃの修理依頼は tutuji@cb4.so-net.ne.jp へメールにてご連絡下さい。なお、宅配便での受け付けは行っておりません。このブログにはおもちゃ等の修理事例やツール製作などを載せていきます。故障診断や修理方法の改善等、ご意見をお寄せ下さい。

PICプログラマーの機能改善(16F15325 をサポート)

PICプログラマー
プログラマー外観
PICプログラマーと呼んでいるが、シリアルEEPROMやAVRもサポートしている。
当初の製作記事は ここ
その後の改善記事は、「PICプログラマー」 でブログ内を検索。


【今回の改善事項】

8kワードのPIC16では16F1705と16F18325をよく使っていたが、秋月で値上がりしてしまった。代わりに@100円で16F15325が出ていて、これに乗り換えようと思っていた。僕は自作のPICプログラマーしか使っていないので、新しいデバイスを使うには、先ず自作のプログラマーでサポートする必要がある。と言うことで、今回の改善事項は 「16F15325のサポート」 だ。

16F15325のプログラミング仕様は、今までのPIC16とは違った新種のものだった。違いの主なところを列挙すると

・データペイロードがMSBファーストになっている。

・データペイロードが24ビットになっている。

・メモリ構成に、デバイスインフォメーションエリアとデバイスコンフィグレーションインフォメーションが追加されている。

上記の上2つは、制御用マイコン(18F14K50と16F1459、16F1454)のファームウェアの機能追加が必要だ。ターゲットのメモリにHEXイメージを書き込むだけなんだから、そんなにいろんな仕様を作り出さなくても良いと思うのだが、長いものには巻かれるしかない。


【サポートデバイス一覧】

10F200/204/220/202/206/222
10F320/322
12F508/509/510/16F506 ←12F510がMCLR_OFFのときチップ消去がVpp先行でないと働かない(当然)、BOR機能が無いのでICSPコードが長い場合はVddがバタつかないようパスコンが必須
16F54/57/59 ←57/59も1ワード書込み、実機テストは54と57で実施
12F609/615/16F610/12HV609/615/16HV610/12F617/16F616/16HV616
16F627/628/LF627/628
16F627A/628A/648A/LF627A/628A/648A
12F629/675/16F630/676
12F6xx/16F6xx
16C711
16F716
16F785/HV785
16F818/819
16F84A
16F87/88
16F87x
16F87xA
16F88x
16F91X/946 ←机上チェックのみ
16F145x/LF145x ←机上チェックのみ
12F1501/LF1501/16F150x/LF150x ←実機テストは12F1501、16F1503のみ実施
16F151x/LF151x/F152x/LF152x ←机上チェックのみ
12F1571/LF1571/F1572/LF1572 ←机上チェックのみ
16F157x/LF157x
16F15325/LF15325
12F1612/LF1612/16F1613/LF1613 ←実機テストは12F1612のみ実施
16F170x/LF170x ←実機テストは16F1705のみ実施
16F171x/LF171x ←机上チェックのみ
16F178x/LF178x ←机上チェックのみ
12F182x/LF182x/16F182x/LF182x
12F1840/LF1840
16F183xx/LF183xx
16F188xx/LF188xx
16LF190x/F193x/LF193x/F194x/LF194x ←実機テストは16F1938のみ実施
18F1320/2320 ←机上チェックのみ
18F2550/4550
18F1xK22/LF1xK22/F1xK50
18F2xK20/4xK20
18F2xK22/4xK22
18F2xJxx/4xJxx
24FJxxxGA0xx
30F ←机上チェックのみ
33F/24H
32MX
24FCxxx(ページサイズ32バイト以上のデバイス)
24FC1025
24FC1026 ←机上チェックのみ
AT24C256
AT24C512
AT24C1024B ←机上チェックのみ
CAT24M0
S-24CM01C
25AAxxx/LCxxx(ページサイズ32バイト以上のデバイス)
SST25xxx ←机上チェックのみ
SST26xxx ←机上チェックのみ
W25Qxx
90S1200 ←ID読込みがオール0となるがチップのバグ?
90S2313
90S2323 ←ID読込みがオール0となるがチップのバグ? Vcc=5Vでの書込みが失敗する
tiny2313
tiny13/13A
tiny13/13A高電圧シリアル ←実機テストはtiny13Aのみ実施
tiny85高電圧シリアル
mega48/88/168/328 ←実機テストはmega328のみ実施


【ダウンロード】
PICプログラマーの設計資料とソフトウェアは ここから ダウンロードできる。

PC側の制御ソフトはGUIとプログラマー制御の2つから成る。
①GUIを担うVBプロジェクトは「ISP\ISP\ISP.sln」、実行ファイルは「ISP\ISP\bin\ISP.exe」

②プログラマー制御を担うVCプロジェクトは「ISP\ISPdll\ISPdll\ISPdll.sln」、DLLファイルは「ISP\ISPdll\Release\ISPdll.dll」

プログラマー側の制御ソフトは
③18F14K50のファームウェアのディレクトリは「ISPpic18F14K50」、プロジェクトは「ISP\ISPpic18F14k50\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic18F14K50.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic18F14k50\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic18F14K50.X\dist\LPCUSBDK_18F14K50\production\ISPpic18F14K50.X.production.hex」

④16F1459のファームウェアのディレクトリは「ISPpic16F1459」、プロジェクトは「ISP\ISPpic16F1459\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1459.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic16F1459\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1459.X\dist\LPCUSBDK_16F1459\production\ISPpic16F1459.X.production.hex」

⑤16F1454のファームウェアのディレクトリは「ISPpic16F1454」、プロジェクトは「ISP\ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X」、HEXファイルは「ISP\ISPpic16F1454\apps\usb\device\cdc_basic\firmware\ISPpic16F1454.X\dist\LPCUSBDK_16F1459\production\ISPpic16F1454.X.production.hex」

今回のバージョンアップは上記のすべてが更新されているので、すべてを同期して差し替える必要がある。

PC側の制御ソフトは、OSへのインストールは必要なく、任意の1つのフォルダにISP.exeとISPdll.dllをコピーするだけで良い。
VisualStudio2008のランタイムが無いと言われたら、ビルゲイツの指示に従って別途インストールする。

PICプログラマーを始めて導入するときはUSBドライバーの登録が必要である。USBドライバー本体はWindows標準のものを使用する。infファイルとcatファイルは「PICプログラマー\ISP\ISPpic18F14k50\Windows」、「PICプログラマー\ISP\ISPpic16F1459\Windows」、「PICプログラマー\ISP\ISPpic16F1454\Windows」にある。

ハードウェアの設計書は「USB接続簡易共用プログラマー設計・回路図・配線図.xls」。
各デバイス毎のソケットアダプタ結線は、シート名「ソケット・・・」を参照。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/08/11(日) 17:13:05|
  2. プログラマー
  3. | コメント:0
<<PIC電子オルゴールVer6_1の改善(ブリッジ出力)再挑戦 | ホーム | Vdd瞬低対策(昇圧式)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大泉茂幸

Author:大泉茂幸
名張市つつじが丘おもちゃ病院
名張市つつじが丘南3番町129
tutuji@cb4.so-net.ne.jp
090-5534-6494
連絡は上記のメール、またはSMSでお願いします。

子どもの頃から趣味は電子工作一筋でやってきました。理科離れが進む中で科学技術に興味を持つ子どもが少しでも増えて行くことを願って、子ども達に電子工作の活動の場を提供しています。

1981年からおもちゃ病院の活動を始め、2014年に三重県名張市への移住を機に「つつじが丘おもちゃ病院」を開院しました。自分でおもちゃを設計し製作する【おもちゃ工房】と、マイコンを応用した電子工作を楽しむ【マイコンクラブ】も併設しています。新規参加メンバーを募集しています。

当ブログで公開している技術情報や成果物の複製、改変および再配布はフリーです。読者様のおもちゃ病院活動のお役に立てば幸いです。ご利用いただいた結果や感想等を記事へのコメントやメールでフィードバックしていただけると有難いです。なお、公開ファイルは最新版を載せているので、古い記事の内容から変わっている場合があります。

カテゴリ

おもちゃ修理技術 (131)
¦ ・電子オルゴール+音声再生 (53)
¦ ・音声再生・録音再生 (14)
¦ ・2.4GHzラジコン (40)
¦ ・レガシーラジコン (13)
¦ ・赤外線リモコン (4)
¦ ・RFID (3)
¦ ・タッチセンス (4)
ツール製作 (35)
¦ ・プログラマー (27)
¦ ・USB-シリアル変換 (3)
¦ ・その他のツール (5)
修理事例 (157)
¦ ・マイコン換装 (75)
¦ ・電子・電気修理 (59)
¦ ・メカ修理 (23)
製作記事 (5)
PIC開発 (4)
おもちゃ病院 (9)
ドクター研修会 (2)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR